創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休
 
小紋と帯の組み合わせ
041〜060
 

■   きものGALLERY
■   国画会会員
■  至極の一品 京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ 
  こちらのページでは、今まで撮り溜めていた夏の着物と帯の組み合わせの写真を公開しております。
  全て当店の在庫品でしたが、現在ではお買い上げ頂いた品物もございますので品切れの際はご容赦下さい。
  現在の田村屋の商品を御覧になりたい方は、田村屋きものGALLERY、もしくはお気軽に店頭へお出掛け下さい。
  041-1

花立涌くの江戸小紋に

ちょっとモダンな横段の織九寸名古屋帯をのせて

江戸小紋 = 色無地の代役・・・ではなく

遊び着・お洒落着としてのご提案です。

織物が洋装のデニムなら、

染めのカジュアルは普段使いのワンピースといった気分でしょうか?





掲載商品の廣瀬雄望作 江戸小紋 「 花立涌く 」    販売済

掲載商品の織楽浅野謹製 織九寸名古屋帯      販売済
041−2







←クリックすると大きくなります。
042−1 

宝尽くしの江戸小紋に

黒地の塩瀬の染め帯を合せてみました。

はんなりとした着物の地色に黒地の帯がきりっとしまります。

染めの着物に染めの帯の組み合わせは、

コーディネートが決まると、とても着物通な装いに・・・・。





掲載商品の廣瀬雄望作 江戸小紋 「 宝尽くし 」    販売済

掲載商品の塩瀬 染め九寸名古屋帯    販売済
042−2







←クリックすると大きくなります。
043−1

こちらは縁起の良いみの亀の江戸小紋に

正装向きな唐織の九寸名古屋帯を合せて。

一言で江戸小紋と申しましても、その柄や帯との組み合わせで

様々なシーンにご着用頂けます。

着物は質感や柄などによってもカジュアル〜フォーマル感が

左右されますので、難しいですね。

相当なフォーマルを意識した組み合わせとしてご提案してみました。

新年会や、お茶席などのご招待に・・・。




掲載商品の廣瀬雄望作 江戸小紋 「 みの亀 」  販売済

掲載商品の人間国宝 喜多川俵二 唐織 九寸名古屋帯   
販売済
     043−2  
 






←クリックすると大きくなります。
     044−1  
   
廣瀬雄望さんの江戸小紋 洋花に

1点物の京友禅の染め帯を合わせて

着物と帯の題材がつながるような組み合わせ

普段は色と雰囲気だけの組み合わせですが、

たまには帯と着物の柄に物語性があっても面白いものです。




掲載商品の廣瀬雄望作 江戸小紋 「 洋花 」
  販売済

掲載商品の1点もの手描き京友禅九寸名古屋帯   
販売済
     044−2  
   






←クリックすると大きくなります。
     045−1
   
廣瀬さんの江戸小紋 「鮫地に雪輪」に

草木染・手織の下井紬九寸名古屋帯を合わせて

着物はミルキーな白で、帯はほんのり桜色の白の組み合わせ

間道の織帯は、着物を選ばずコーディネートし易いです。

季節感もなく、お洒落に極まります。




掲載商品の廣瀬雄望作江戸小紋 「 鮫地に雪輪 」はこちら

掲載商品の草木染・手織下井紬九寸名古屋帯      販売済
     045−2
    






←クリックすると大きくなります。
     046−1
   
横段に波の小紋に紬地に茶屋辻の染帯を合わせて

小紋の波模様と茶屋辻の流水・・・と思ったのですが、

あまりピンとこない組み合わせになってしまいました。

幾何学的な帯が良いのかもしれません。





掲載商品の紬地に茶屋辻染帯   販売済

掲載商品の ぼかし横段に波  小紋着尺   販売済
     046−2
     






←クリックすると大きくなります。
     047−1
   
廣瀬さんの江戸小紋 「 しょうぶ 」 の小紋に

織楽浅野の幾何的な横段帯を合わせて

こちらの帯は本当に着物に合せ易い帯です。

どの着物に合せても、

都会的なモダントーンの組み合わせに見えます。







掲載商品の織楽浅野九寸名古屋帯    販売済

掲載商品の 江戸小紋 廣瀬雄望作 「 しょうぶ 」   はこちら
     047−2
      






←クリックすると大きくなります。
     048
   
廣瀬さんの江戸小紋  「 江戸解き 」 に

まこと織物のすくいの八寸帯を合わせて

どちらもピンク系ではありますが、

江戸小紋の柄 「 江戸解き 」 も

八寸帯の柄も

大人っぽい小粋な柄です。






掲載商品の まこと織物 すくい八寸名古屋帯  販売済

掲載商品の 江戸小紋 廣瀬雄望作 「 江戸解き 」   販売済
     049−1
   
上と同じ廣瀬さんの江戸小紋に

本場結城紬で織って貰った別注の地機の経絣の横段帯です。

江戸小紋をサラリと

普段着スタイルで着こなすのにいかがでしょうか?






掲載商品の 江戸小紋 廣瀬雄望作 「 江戸解き 」   販売済

掲載商品の 本場結城紬 地機 九寸名古屋帯 別注品     はこちら
     049−2
       






←クリックすると大きくなります。
     050−1
   
手引き染のぼかし市松小紋着尺に

西陣織の九寸帯を合わせて

市松とか格子というのは、とてもカジュアルな雰囲気を持ちますので、

通常の西陣帯を合わせましたら、帯が重すぎてしまいました。

こちらの西陣帯は緯糸に紬糸を使用しており、

表情がカジュアル寄りなので合っているかと思います。







掲載商品の 西陣織 九寸名古屋帯 手機    販売済

掲載商品の 手引き染め ぼかし市松 着尺 グレー濃淡   販売済
     050−2
        






←クリックすると大きくなります。
     051−1
   
手引き染のぼかし市松小紋着尺に

変わり生地の型染め九寸帯を合わせて

この手引き染めのぼかしは生地の情報量が多いのです。

そこが生地感として面白いのですが、

帯合わせがなかなか難しいです。

変わり生地の染め帯なら、この情報量の多い着尺にも

負けずに合いました。





掲載商品の 手引き染め ぼかし市松 着尺 グレー濃淡   販売済

掲載商品の 変わり生地に染め九寸名古屋帯     販売済
     051−2
         




←クリックすると大きくなります。
     052−1
   
廣瀬さんの江戸小紋 「 行儀市松 」 に

紬地に京友禅の手描きの染帯を合わせて

江戸小紋と更紗柄の帯って相性いいですよね?

帯地が紬系という事で、普段着 ・ 遊び着的な着こなしに・・・





掲載商品の 江戸小紋 廣瀬雄望作  行儀と角通し市松 はこちら

掲載商品の  紬地 染九寸名古屋帯「」 華紋更紗 」手描き京友禅 はこちら
     052−2
          




←クリックすると大きくなります。
     053−1
 
上と同じパターンで着物も帯も色柄違いの組み合わせ

明るい着物+薄地色帯に対して、こちらは明るい着物に濃地色帯。

ふわっと全体を明るくか、帯の所で〆るコーデか。。。

お好みの分かれるポイントです。 






掲載商品の江戸小紋 廣瀬雄望  「 しょうぶ 」   販売済

紬地 染九寸名古屋帯 「 裂取り更紗 」  手描き京友禅   はこちら
     053−2
          




←クリックすると大きくなります。
     054−1
   
手引きぼかしの斜め格子 小紋着尺に

白地の染帯を合わせて・・・

大胆な斜め格子に白地の帯は、全体を軽めに見せてくれます。






掲載商品の 手引き染め ぼかし斜め格子 着尺    はこちら

掲載商品の 手描き京友禅 九寸名古屋帯 「 洋風更紗 」    はこちら
     054−2
   






←クリックすると大きくなります。
     055−1
   
上と同じ小紋に黒地の染め帯を合わせて

白と黒、和風と洋風な柄という対照的な2本の帯も

どちらもうまく乗りました。

白地、黒地の帯は着物の地色を選ばず合せ易いという事。

斜め格子などの大きいけれど単調な柄は、

洋風・和風どりらの帯も乗る・・・という事が解りました。





掲載商品の 手引き染め ぼかし斜め格子 着尺    はこちら

掲載商品の 吉原剛作 九寸名古屋帯 「 変り裂取 り」 別誂え染    はこちら
     055−2
    






←クリックすると大きくなります。
     056−1
 
江戸小紋 廣瀬 の「 木の葉 」 に

隼人紬の六枚綜絖のめがね織九寸帯を合わせて

モノトーンですと寂しいですが、ベージュ系の着物にグレー地帯、

帯の中の色とりどりのめがね織が効いてきます。

小物をどの色に合せるか・・・で全体のイメージが変わりそうです。






掲載商品の廣瀬雄望作 江戸小紋 「 木の葉 」    はこちら

掲載商品の隼人紬 六枚綜絖 めがね織 九寸名古屋帯   はこちら
     056−2
     






←クリックすると大きくなります。
     057−1
   
型糊置き、手挿しの小紋に織楽浅野の九寸帯を合わせて

小紋を遊び着としてコーディネートしました。

ご友人とのお食事、観劇、プチパーティーに

下の組合わせは同じ着物で染め帯です。

織帯と染帯は好みの別れる所・・・です。





掲載商品の 型糊置き 手挿し小紋 「 幾何花つなぎ 」    はこちら

掲載商品の  西陣織 九寸名古屋帯 「 プティ・フルール 」 織楽浅野    はこちら
     057−2
      






←クリックすると大きくなります。
     058−1
   型糊置き、手挿しの小紋に手描きの京友禅染帯を合わせて

小紋を遊び着としてコーディネートしました。

ご友人とのお食事、観劇、プチパーティーに

下の組合わせは同じ着物で染め帯です。

織帯と染帯は好みの別れる所・・・です。





掲載商品の 型糊置き 手挿し小紋 「 幾何花つなぎ 」    はこちら

手描き京友禅 九寸名古屋帯 「 ペーズリー更紗 」    はこちら
     058−2
       






←クリックすると大きくなります。
     059−1
   
手挿しの京友禅による面白い小紋 colorbar に

真糊の京友禅による染帯 アカンサスを乗せて。

どちらもお気に入りの品同士を合わせてみたら・・・

結構かっこうよく決まったと思うのですが。

着物の色とりどりと染帯のモノトーン感が相反する印象ですが、

バランス良く納まりました。





掲載商品の  手挿し京友禅 小紋着尺 「 COLOR BAR 」        販売済

掲載商品の  手描き京友禅 染九寸名古屋帯 「 モリスのアカンサス 」   はこちら
     059−2
        






←クリックすると大きくなります。
   御覧下さいましてありがとうございました。
 良い組み合わせ・悪い組み合わせ在るかと思います。
 どちらも皆様のこれからの着物LIFEのご参考になればと存じます。
   

  TOPページ > 着物と帯の組み合わせへ戻る > 小紋と帯の組み合わせ 001-020  021-040  041-59  060-080
   
   
   株式会社田村屋/(c)2012KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます