創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休
 
 夏の帯と着物の組み合わせ
041〜060
 

■   きものGALLERY
■   国画会会員
■  至極の一品 京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ 
                                     
 こちらのページでは、今まで撮り溜めていた夏の着物と帯の組み合わせの写真を公開しております。
 全て当店の在庫品でしたが、現在ではお買い上げ頂いた品物もございますので品切れの際はご容赦下さい。
 現在の田村屋の商品を御覧になりたい方は、田村屋きものGALLERY、もしくはお気軽に店頭へお出掛け下さい。
   041−1

創作手織 夏織物「涼」に八重山上布の九寸帯を合わせて

地色も柄も主張しない着物ですので、

帯は様々な組み合わせが可能です。

色とりどりな八重山上布の帯もサッパリと着こなせます。







掲載商品の創作手織 夏織物着尺 「 涼 」   販売済

掲載商品の八重山上布 九寸名古屋帯    販売済
     041−2
   




← クリックすると拡大します
     042−1
   
上と同じ創作手織夏織物着尺 「 涼 」 に

今度は京友禅の染帯を合わせて

織の帯でも染めの帯でも様々なコーディネートが可能です。

今現在お手持ちの夏の帯でお楽しみ頂ける着物だと思います。





掲載商品の創作手織 夏織物着尺 「 涼 」   販売済

掲載商品の京友禅絽染め帯 「 琳派流水 」     販売済
     042−2
    




← クリックすると拡大します
     043−1
   
段絽の生地に染めた田村屋別染めの江戸小紋に

織楽浅野の夏九寸名古屋帯を合わせて

美術館巡りや友人とのカフェなどお気軽なお出掛けに・・・





掲載商品の段絽 江戸小紋  廣瀬雄望 作 横段ぺるしや 販売済

掲載商品の織楽浅野 夏九寸名古屋帯 「 西欧果実紋 」 はこちら
     043−2
     




← クリックすると拡大します
     044−1
   
経絽の生地に染めた田村屋別染めの江戸小紋に

織楽浅野の夏九寸名古屋帯を合わせて

織楽浅野の帯はフォーマルっぽくもあり、遊びっぽさもあり

硬苦しくなく着物が楽しめる・・・そんなコーディネートかと思います。





掲載商品の経絽 江戸小紋   販売済

掲載商品の織楽浅野 夏九寸名古屋帯 「 ロマネスク 」    販売済
     044−2
      




← クリックすると拡大します
     045−1
   段絽の生地に染めた田村屋別染めの江戸小紋に

織楽浅野の夏九寸名古屋帯を合わせて

今回、三種類の同じようなコーディネートをまとめてみました。

着物や帯を入れ替えても成立する組み合わせかと思います。

「 自分らしさ 」の出るコーディネート探してみては如何でしょうか?





掲載商品の段絽 江戸小紋はこちら

掲載商品の織楽浅野 夏九寸名古屋帯 「 割付更紗 」 
販売済
     045−2
       




← クリックすると拡大します
     046
   
手描き京友禅の絽の附け下げに

西陣織の絽綴れ帯を合わせて

相当なフォーマルの席まで対応出来るコーディネートです。

絽綴れは八寸帯となりますが、柄によっては礼装袋帯と並ぶ

格式があります。結納や親族の結婚式までOKです。





掲載商品の手描き京友禅 絽附下はこちら

掲載商品の西陣織 絽綴れ八寸名古屋帯 「 蒔絵彩趣段 」   販売済
     047
   
上と同じ手描きの京友禅の絽附下に

織楽浅野の夏九寸名古屋帯を合わせて

同じ附け下げでも帯を変えればイメージも変わります。

観劇やオペラ鑑賞など私的なお出掛けでしたら九寸帯でも

大丈夫です。





掲載商品の手描き京友禅 絽附下はこちら

掲載商品の織楽浅野 夏九寸名古屋帯 「 西欧果実紋 」 はこちら
     048
   
手描きの京友禅 絽附け下げに

西陣織の絽綴れ八寸名古屋帯を合わせて

046と同じ絽の附下に絽綴れ帯というコーディネートですが

イメージが全然違います。

色や柄で、はんなり古典的なイメージに。





掲載商品の手描き京友禅 絽附下    販売済

西陣織 絽綴れ八寸名古屋帯 「 花鳥涼雅 」   販売済
     049
   
手描き京友禅の附下に本袋の夏帯を合わせて

シンプルではありますが、古典的な柄の絽の附下に

現代感覚の色使いの帯を敢えて合わせてみました。

都会的な夏の装いになったかと思います。





掲載商品の西陣織 夏袋帯 本袋全通柄    販売済

手描き京友禅 絽 附下 「 菱取り波 」   販売済
     050−1
   
越後上布のラミー×ラミーの着尺に

新里玲子さんの宮古上布九寸帯を合わせて

こんな組み合わせで夏の街を歩いていたら、

さぞかし素敵・・・でしょう!(笑)

着尺の白さが一層お洒落感を出します。





越後上布 ラミー×ラミー 亀甲絣 白地 着尺  販売済

新里玲子作 宮古上布 九寸名古屋帯    はこちら
     050−2
        




← クリックすると拡大します
     051
   
手描きの京友禅の絽付け下げに

織楽浅野の夏の九寸帯を合わせて。

夏の軽いフォーマル〜良い所へのお出掛け着として。

着物の銀の丸と帯のオレンジの丸がマッチしております。





掲載商品の手描き京友禅 絽 付下     販売済

掲載商品の織楽浅野 夏九寸名古屋帯 「 ロマネスク 」   販売済
     052
   
同じ着物をベースに帯を替えて

モノトーンな装いから、帯に色を加えてみました。

同じ着物も帯次第で表情は変化します。

コーディネートは、着る人のセンスや感覚次第です。

この着物にこの帯と固定せず、

着回せる着物と帯をお揃えになると、よりお楽しみ頂けます。





掲載商品の 西陣織 夏九寸名古屋帯 「 唐爽趣 」    販売済

掲載商品の手描き京友禅 絽 付下     販売済
     053
   
同じ着物第3弾

今度はオーセンティックな夏のフォーマルとしての組み合わせ

パーティー・会食・レセプションなど公の場にお呼ばれした時に。






掲載商品の 西陣織 絽綴れ 八寸名古屋帯 「 涼華段文 」   はこちら

掲載商品の手描き京友禅 絽 付下     販売済
     054
   
夏の琉球絣に麻の染九寸帯を合わせて

変わり色の夏琉球ですので、帯も派手目に合せてみました。

大人しい帯を選択せずに、個性的な装いに。





掲載商品の 夏琉球絣 壁上布 紫 格子     販売済

掲載商品の 麻地 染九寸名古屋帯 グリーン 栗山工房    はこちら
     055
   
夏の琉球絣に麻の染九寸帯を合わせて

上と着物も帯も同じシリーズですが、大人し目を組み合わせて

落ち着いたコーディネートになりました。

勿論、帯を入れ替えても成立する組み合わせです。

組み合わせは 「自分らしさ」 が基本かと思います。






掲載商品の 夏琉球絣 壁上布 黒     販売済

掲載商品の 麻地 染九寸名古屋帯 グレー 栗山工房     販売済
     056
   
今度は小千谷縮に麻の染九寸帯を合わせて

同じ帯のシリーズですが、着物を替えると又違う雰囲気に。

カジュアルな街着スタイルになります。





掲載商品の 小千谷縮 着尺 マンガン染 紺地    販売済

掲載商品の 麻地 染九寸名古屋帯 ベージュ 栗山工房    販売済
     057
 
こちらも同じ小千谷縮に同じ麻の染め帯のシリーズを。

 こちらの小千谷縮にも、どの色の麻帯も会うのですが。

グリーンなら爽やかに。グレーなら大人しく。

ベージュならグラデーション。

こちらの色は敢えてのインパクトで選んでみました。





掲載商品の 小千谷縮 着尺 マンガン染 白地経縞     販売済

掲載商品の 麻地 染九寸名古屋帯 べんがら色 栗山工房  販売済 
     058
   
同じシリーズ3組目

どの組合わせも固定ではなく、着る方それぞれかと思います。

見て下さっている片がズバリこの組み合わせがいぃ!となるか、

私ならこれにこっちの帯の方がいいわ。

とご参考にして頂ければ幸いです。





掲載商品野 小千谷縮 着尺 マンガン染 白地     販売済

掲載商品の 麻地 染九寸名古屋帯 焦げ茶 栗山工房    はこちら
      059−1
   
古代越後上布の蚊絣に喜如嘉の芭蕉布の九寸帯を合わせて

コーディネートとしては簡単です。

ただ誰しもが出来る組み合わせではない(笑)というところ。

勿論、その質感からくる雰囲気は

他に比べられないものがあります。






掲載商品の 喜如嘉の芭蕉布 九寸名古屋帯    はこちら

掲載商品の古代越後上布 蚊絣 生成り   はこちら
      059−2
         




← クリックすると拡大します
      060−1
   
こちらは古代越後上布 亀甲絣 白地に

仲宗根みちこさんの宮古上布 横縞 九寸帯を合わせて。

夏の着物のお洒落は究極のところ、上布になるかと思います。

その上布の組み合わせを、より自分らしく着こなせるか・・・

がポイントではないでしょうか!?

こちらの帯は、元気いっぱいなPOPあなイメージに。。。





掲載商品の古代越後上布 亀甲絣 白地   はこちら 

掲載商品の仲宗根みちこ作 宮古上布 横縞九寸帯    はこちら  
      060−2
          




← クリックすると拡大します
     御覧下さいましてありがとうございました。
  良い組み合わせ・悪い組み合わせ在るかと思います。
  どちらも皆様のこれからの着物LIFEのご参考になればと存じます。
   
   TOPページ > 着物と帯の組み合わせへ戻る > 夏の着物と帯の組み合わせ   001〜020   021〜040  041〜060  061〜080   81〜100
   
   
   株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます