創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休
 
 夏の帯と着物の組み合わせ
081〜100
 

■   きものGALLERY
■   国画会会員
■  至極の一品 京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ 
                                         
 こちらのページでは、今まで撮り溜めていた夏の着物と帯の組み合わせの写真を公開しております。
 全て当店の在庫品でしたが、現在ではお買い上げ頂いた品物もございますので品切れの際はご容赦下さい。
 現在の田村屋の商品を御覧になりたい方は、田村屋きものGALLERY、もしくはお気軽に店頭へお出掛け下さい。
   081−1

上布の着物に合せる帯3弾めは

古代越後上布の亀甲絣に西陣織の夏のすくい帯です。

いくら高級な織物の着物もTPOで言えばカジュアルです。

そのカジュアルな着物を少しドレスアップしてくれるのが

こちらの帯かと思います。

ジーンズにジャケットを羽織る感覚でしょうか・・・・。





掲載商品の 西陣織 絽すくい 九寸名古屋帯 「 唐花紋 」   はこちら

掲載商品の 古代越後上布 ラミー×苧麻 亀甲絣 白地    はこちら
   081−2
  




← クリックすると拡大します
     082
   
手描き京友禅の附け下げをセミフォーマルくらいのイメージで

コーディネートしてみました。

全4パターンです。


こちらは格調高い組合わせ





掲載商品の  手描き京友禅 絽 附下  「 横段草花 」  はこちら

掲載商品の  西陣織 絽綴れ 八寸名古屋帯 「 花鳥涼雅 」   こちら
     083
   
上と同じ附け下げですが、少し軽めで小粋な着こなし




掲載商品の  手描き京友禅 絽 附下  「 横段草花 」  はこちら

掲載商品の  西陣織 夏九寸名古屋帯 「 秀水 」   はこちら
     084
   
3パターン目は夏の袋帯で豪華な印象に。




掲載商品の  手描き京友禅 絽 附下  「 横段草花 」  はこちら

掲載商品の  西陣織 夏袋帯 川島織物  「 藤菱文 」   はこちら
     085
 
2パターン目と同格の夏九寸帯ですが、柄が違い案すと雰囲気が

全く異なります。

優しい印象に。




掲載商品の  手描き京友禅 絽 附下  「 横段草花 」  はこちら


掲載商品の  西陣織 夏九寸名古屋帯 「 海松 」   はこちら
     086
   
真糊絽附け下げ 江戸解きにセミフォーマル全6パターン

同じ着物でも帯次第で年齢は巾広くお楽しみ頂けます。


絽綴れで華やかに。





掲載商品の  真糊友禅 平絽 附下 「 江戸解き 」    販売済

掲載商品の  西陣織 絽綴れ 八寸名古屋帯 「 涼華段文 」   はこちら
     087
   
絽のすくい帯でシックな印象に。





掲載商品の  真糊友禅 平絽 附下 「 江戸解き 」    販売済

掲載商品の  西陣織 絽すくい 八寸名古屋帯 「 観世流水 」   はこちら
     088
   
水色の袋帯で軽やか現代風に。






掲載商品の  真糊友禅 平絽 附下 「 江戸解き 」    販売済

掲載商品の  西陣織 夏袋帯 本袋全通柄    販売済
     089
   
絽の九寸帯でオーセンティックな着こなしに。





掲載商品の  真糊友禅 平絽 附下 「 江戸解き 」   販売済


掲載商品の  西陣織 夏九寸名古屋帯 「 海松 」   はこちら
     090
   
スッキリ小粋な印象に。




掲載商品の  真糊友禅 平絽 附下 「 江戸解き 」    販売済

掲載商品の  西陣織 夏九寸名古屋帯 「 秀水 」   はこちら
     091
   
糸目揚げで挿し色少ない着物ですので、

色を使った帯も合わせ易いです。





掲載商品の  真糊友禅 平絽 附下 「 江戸解き 」   販売済

掲載商品の  西陣織 夏九寸名古屋帯 「 唐爽趣 」    販売済
     092
   






掲載商品の  東京手描き友禅 絽 附下   はこちら

掲載商品の  西陣織 夏袋帯 川島織物  「 藤菱文 」   はこちら
     093
   




掲載商品の  東京手描き友禅 絽 附下   はこちら

掲載商品の  西陣織 夏袋帯 本袋全通柄     販売済
     094
   




掲載商品の  東京手描き友禅 絽 附下   はこちら

掲載商品の  西陣織 夏九寸名古屋帯 「 唐爽趣 」    販売済
     095
   




掲載商品の  東京手描き友禅 絽 附下   はこちら

掲載商品の  西陣織 夏九寸名古屋帯 「 海松 」   はこちら
     096
   




掲載商品の  東京手描き友禅 絽 附下   はこちら

掲載商品の  西陣織 絽綴れ 八寸名古屋帯 「 更紗錦段 」   販売済 
     097
   

ここまで同じ着物にそれぞれ帯を合わせて参りましたが、

同じ着物でも合わせる帯で年代・印象が変わります。

また同じ帯でも合わせる着物により、派手に見えたり地味に見えたりと、

いつも同じ印象ではございません。

ご自分が好きな組合わせ・スタイルがあり、その着こなしが

「 らしさ 」 になって参ります。

どんな組み合わせでも結構様になるものですので、

ご自分らしさを見つけてお楽しみくださいませ。





掲載商品の  東京手描き友禅 絽 附下   はこちら

掲載商品の  西陣織 絽すくい 九寸名古屋帯 「 唐花紋 」   はこちら
     098−1
   
創作手織紬の 「 涼 」 に

手描き京友禅の絽九寸名古屋帯を合わせて

着物は白っぽいのですが、素材が違いますと色合いは

これだけ事なります。

帯締め・帯揚げの小物使いが楽しめそうなコーディネートです。





掲載商品の手描き京友禅  夏九寸名古屋帯 「 水葵に流水 」 はこちら

創作手織 夏織物 着尺 「 涼 」 はこちら
     098−2
     




← クリックすると拡大します
     099−1
 
創作手織紬の 「 涼 」 に

今度は西陣の手織のすくい夏九寸帯を合わせて

こちらの帯は染物でも織物でも、合わせて頂けるお洒落帯です。

附け下げだって合わせられます。





掲載消費の 創作手織 夏織物 着尺 「 涼 」 はこちら

掲載商品の 西陣織 夏 すくい九寸名古屋帯 「 印度花文 」   未掲載
     099−2
      




← クリックすると拡大します
     100−1 
   
廣瀬さんの夏の江戸小紋 「 秋草 」 に

単衣・盛夏兼用の袋帯を合わせて

黒地の江戸小紋は柄が他の色よりもハッキリ見えます。

帯合わせもし易く、重宝間違いなしの一枚です。





掲載商品の 絽 江戸小紋 「 秋草 」  廣瀬雄望 作   はこちら

掲載商品の 袷単衣・盛夏兼用袋帯 「 小華文 」   未掲載 
     100−2
       




← クリックすると拡大します
     御覧下さいましてありがとうございました。
  良い組み合わせ・悪い組み合わせ在るかと思います。
  どちらも皆様のこれからの着物LIFEのご参考になればと存じます。
   

    TOPページ > 着物と帯の組み合わせへ戻る > 夏の着物と帯の組み合わせ   001〜020   021〜040  041〜060  061〜080  81〜100
   
   
   株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます