創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休
 

附下と帯の組み合わせ
021〜040

 

  
■   きものGALLERY
■   国画会会員
■  至極の一品 京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ 
  こちらのページでは、今まで撮り溜めていた夏の着物と帯の組み合わせの写真を公開しております。
  全て当店の在庫品でしたが、現在ではお買い上げ頂いた品物もございますので品切れの際はご容赦下さい。
  現在の田村屋の商品を御覧になりたい方は、お気軽に店頭へお出掛け下さい。

  田村屋きものGALLERY 
でも公開しております。
ピンクベージュの着物に白い帯 021−1


白地に金の袋帯は年代・着物の地色に関係なく

組み合わせし易いです。

こちらのコーディネートなら結婚式のお呼ばれから、

お宮参り、七五三、入学式、卒業式、

と活躍してくれそうです






掲載商品の真糊京友禅附下 源氏香に波はこちら  

掲載商品の桝蔵順彦 袋帯   販売済

  ピンクベージュの着物に白い帯 021−2
 




←クリックすると写真が拡大します
   022
 
シンプルな附下ですので帯合わせは巾広いです。

モダンアートのような西陣織の帯なら、

シャープで先鋭的なコーディネートとなります。

帯の雰囲気で、全体の方向性を作れます。





掲載商品の手描き京友禅附下 「 正羽取り更紗文 」   販売済

掲載商品の西陣織九寸名古屋帯    販売済
   023
 
上と同じ附下にドレッシーな染帯を合わせて。

パーティー、会食、観劇など公式の席でない

プライベートなお出掛けになら、袋帯でなく染帯が

お洒落上級かと思います。

そんな時には1点物のこだわりの帯で差をつけて・・・





掲載商品の手描き京友禅附下 「 正羽取り更紗文 」    販売済

掲載商品の1点もの手描き九友禅染九寸名古屋帯   「 イスファハンの青 」   販売済
   024
 
1点もの京友禅の附下げにゴージャスな染帯を合わせて

フォーマル的な場ではあるけれど、私的な会などには

附けげに染め帯という組み合わせは、

着なれた感もありお洒落上級者に見えます。





掲載商品の1点もの京友禅附下 「 レリーフ文様 」      販売済

掲載商品の手描き京友禅九寸名古屋帯 「 大取華紋 」 はこちら
   025−1

 単彩の飛び柄の附け下げに洋風モダンな袋帯を合わせて

スッキリとした附け下げにモダンテイストな袋帯は

とても似合います。

自分の為に装う着物スタイルです。





掲載商品の京友禅飛び柄附け下げ 「 飛び華紋 」   こちら

掲載商品の西陣織袋帯 「 優花飾美 」 はこちら
   025−2
  




←クリックすると写真が拡大します
   026

1点もの真糊京友禅のモダンな色使いの茶屋辻に

これまた単彩仕上げの洋柄な袋帯を合わせて

色のトーンが古典的でない着物と帯の組み合わせです。

仕事はしっかりと、色使いはライトな感覚で・・・

重厚なスタイルではなく、ドレッシーな装いに・・・。






掲載商品の1点もの真糊京友禅附け下げは  こちら


掲載商品の西陣織袋帯 「 優花飾美 」 はこちら
   027−1
 
手描きの京友禅の附け下げに

古典的な西陣の袋帯を合わせて

地色は軽めな水色で現代感覚ですが、柄や色使いは

古典を踏襲した附け下げに、西陣の袋帯らしい色柄の

袋帯を合わせて・・・

ちょっと軽めな地色と、軽めの柄取りが現代のニーズに

あった着姿かと考えます。

重厚すぎますと、

一般的にはなかなか着用機会が限られますので。






掲載商品の手描き京友禅 附け下げ 「 棒かすみ 」 はこちら 

掲載商品の西陣織 袋帯  「 鳳祝桐竹紋 」 たつむら謹製 はこちら
   027−2
   




←クリックすると写真が拡大します
   028−1
 
飛び柄のあっさり附け下げに

モダンな塩瀬の染め帯を合わせて


軽めの附け下げなら帯合わせ次第で、

遊び着にも、お呼ばれにも対応してくれます。

こちらの組み合わせは、個人的な遊び着として。。。

レストランでも、クラシック鑑賞にも。





掲載商品の飛び柄 金泥に手刺繍 附下  はこちら

掲載商品の手描き京友禅 塩瀬 九寸名古屋帯 「 洋華紋 」  はこちら
   028−2
    




←クリックすると写真が拡大します
   029−1
 
上と同じ飛び柄の附け下げに西陣袋帯を合わせて

帯によって全く表情を変える着物です。

こちらの組み合わせは、古典的な装いに。

フォーマルウエアとしても活躍頂けます。





掲載商品の飛び柄 金泥に手刺繍 附下  はこちら

掲載商品の西陣織 袋帯 「 新厳島七宝文 」       販売済
   029−1
 




←クリックすると写真が拡大します
   030−1
 
真糊の東京友禅の附け下げに袋帯を合わせて

ホワイトパールの地色の着物にアイスグリーンの帯は

とてもモダンな印象です。

一昔前ですと朱色とか黒地の帯という所ですが、

最近ですと色の感覚が変わって来ているように感じます。





掲載商品の葡萄華紋袋帯は   販売済 

掲載商品の真糊 東京友禅 附下 「 華紋更紗 」   販売済
   030−2
 




←クリックすると写真が拡大します
   031−1
 
京型友禅の附け下げに西陣の九寸帯を合わせて

こちらはお手頃一式として組み合わせてみました。

価格を見なければ・・・結構いけている!?と思うのですが・・・・






京型染め友禅附下 「 棒霞 」    販売済

掲載商品の西陣 九寸名古屋帯     販売済
   031−2 
 




←クリックすると写真が拡大します
   032
 
手描きの京友禅附下げに北村武資さんの経錦袋帯を合わせて

濃い鼡地の着物に白地の帯が映えるコーディネートです。

下の組み合わせと比べて若めを意識して合わせてみました。





掲載商品の人間国宝・北村武資 経錦 袋帯 「 小花襷 」 はこちら

掲載商品の手描き京友禅附下 「 色紙に波 」   はこちら
   033
 
上と同じ附けげに違う色柄の北村武資さんの袋帯を合わせて

同じ着物をちょっと年配向きにコーディネートしてみました。

着物は帯次第である程度の年齢層に対応してくれます。





掲載商品の人間国宝・北村武資 経錦袋帯 「 唐獅子文 」   販売済


掲載商品の手描き京友禅附下 「 色紙に波 」   はこちら
    034
 
上写真2枚と同じ袋帯を違う着物に合せて

濃い地の着物と薄地の着物

どちらの着物にも、両方共に合わせられるか試してみました。


薄地の着物に白地の袋帯はぐ〜っっとエレガントな装いに。





掲載商品の人間国宝・北村武資 経錦 袋帯 「 小花襷 」 はこちら

掲載商品の手描き京友禅 附け下げ 「 レリーフ紋様 」      販売済
   035

薄地の着物に茶鼡色の袋帯を合わせて

こちらの袋帯は濃い地というよりは、着物の共濃いくらいの

色合いですので、とても品良くまとまりました。






掲載商品の人間国宝・北村武資 経錦袋帯 「 唐獅子文 」  販売済


掲載商品の手描き京友禅 附け下げ 「 レリーフ紋様 」     販売済
   036−1
 
一方付け小紋に附け下げ位置に刺繍を施した

遊び心ある附け下げに、手機すくいの九寸帯を合わせて。

パーティーでも会食でも、オペラにも。

礼装ではない、フォーマルだけど自分の為の装い。





掲載商品の 本すくい九寸名古屋帯  「 欧風七宝文 」   はこちら

掲載商品の 附下小紋 手刺繍     販売済
   036−2
  




←クリックすると写真が拡大します
   037−1

柄のつながりの無い、附け下げらしい着物。

濃い地の着物に白銀の帯はとても合わせ易く映えます。

あっさりとした上品な装いに。





掲載商品の 相良刺繍  附下 「 波の丸 」   はこちら

掲載商品の 西陣織 袋帯 「 清雅七宝文 」 川島織物   販売済
   037−2
   




←クリックすると写真が拡大します
   038
 
上と同じ着物に本すくい九寸名古屋帯を合わせて

がっちり訪問着に袋帯という取り合わせより

飛び柄に九寸帯というシーンが実は活躍してくれるはずです。

所有する喜びから、着る喜びへ

着物の楽しみは大きく変化してきているのを感じます。






掲載商品の 相良刺繍  附下 「 波の丸 」   はこちら

掲載商品の三風魯 手織すくい九寸名古屋帯      販売済
   039
 
同じ付下に

手描き京友禅の塩瀬 染 九寸名古屋帯を合わせて

付け下げに染め帯でもOKか? 

それは勿論OKなのです。

個人的なお出掛け 会食 ・ 観覧 などに袋帯では

少々大げさ・・・なんて時には、染め帯で粋な着こなしを。

袋帯より格式は下でもお洒落度は上です。






掲載商品の 相良刺繍  附下 「 波の丸 」   はこちら

掲載商品の 手描き京友禅 染九寸名古屋帯
  「 モダン茶屋辻 」   はこちら
   040−1
 
同じ着物で帯を変えてコーディネートしています。

今回は付け下げでしたが、

江戸小紋でも同じ事が言えるかと思います。

帯次第で着物の格や着こなしは変わるという事です。

遊びっぽく着て見たり、

粋な雰囲気にしてみたり、

勿論、こちらのように格式あるオーソドックスな組み合わせも。

個人のお好みと、着る場を考えて揃えて頂けると、

同じ着物でも色々な表情を見せてくれます。






掲載商品の 相良刺繍  附下 「 波の丸 」   はこちら

掲載商品の人間国宝 喜多川俵二作 九寸名古屋帯  「 厳島唐花 」     販売済
   040−2
    




←クリックすると写真が拡大します
    御覧下さいましてありがとうございました。
  良い組み合わせ・悪い組み合わせ在るかと思います。
  どちらも皆様のこれからの着物LIFEのご参考になればと存じます。
 
   TOPページ > 着物と帯の組み合わせへ戻る > 附下と帯の組み合わせ  1−20  21−40  41−60
 
 
   株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます