創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休
 

紬と帯の組み合わせ
101-120

 

■   きものGALLERY
■   国画会会員
■  至極の一品 京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ 
  
 
  こちらのページでは、今まで撮り溜めていた夏の着物と帯の組み合わせの写真を公開しております。
  全て当店の在庫品でしたが、現在ではお買い上げ頂いた品物もございますので品切れの際はご容赦下さい。
  現在の田村屋の商品を御覧になりたい方は、お気軽に店頭へお出掛け下さい。

  田村屋きものGALLERY 
でも公開しております。
  101−1

本場大島紬に加藤富喜さんの手織九寸帯を合わせて

全体のトーンが暗くなりがちな泥染めの大島紬には、

この位明るい帯を合わせてもよいですよね??

この帯一本で、お手持ちの紬が工芸的な装いに大変身です!





掲載商品の 本場大島紬 泥染め 「 十字柄 」  はこちら

国画会会員 加藤富喜作 創作手織九寸名古屋帯 「 空色 」
  101−2





←クリックすると拡大します。
  102−1

横山俊一郎さんの草木染・手織みさやま紬に

加藤富喜さんの創作手織九寸帯を合わせて。

上と同じ帯ですが、着物を明るい色にしてみました。

こちらの組み合わせは元気ハツラツな街着スタイルかと思います。





掲載商品の 草木染 手織 みさやま紬 

国画会会員 加藤富喜作 創作手織九寸名古屋帯 「 空色 」
   102−2





←クリックすると拡大します。
   103−1

本場黄八丈・まるまなこの変わり色に

真糊の東京手描き友禅・久呂田明巧さんの染め帯をあわせて。

黄八丈も東京都、東京友禅も勿論東京都ですので、

本当の意味での!?東京スタイルな着物コーデです。

しっかりとした織味のまるまなこに、パンチのある久呂田さんの帯が

とても似合います。





久掲載商品の 呂田明巧 九寸名古屋帯「正倉院唐草」 東京友禅   はこちら

掲載商品の本場黄八丈 まるまなこ グレー  はこちら
   103−2





←クリックすると拡大します。
   104

本場久米島紬 あじろ織に

国画会会員・山下健さんの格子の帯を合わせて。

正直、何でも合う着物かと思います。

4種類のコーデを乗せてみましたが、如何でしょうか??






掲載商品の 本場久米島紬 あじろ織  販売済

掲載商品の 国画会会員 山下健作 段替吉野格子九寸帯   販売済
    105

本場久米島紬 あじろ織に

加藤富喜さんの創作手織九寸帯を合わせて。

「 空色 」の銘のある帯は、どんな着物も爽やかにしてくれます。






掲載商品の 本場久米島紬 あじろ織   販売済

国画会会員 加藤富喜作 創作手織九寸名古屋帯 「 空色 」
   106

本場久米島紬 あじろ織に

藤山千春さんのめがね織を合わせて。

色合いが非常に近い同色系ですが、久米島紬のマットな風合いと

帯の光沢ある風合いは、ぼやける事無く着姿を締めてくれます。





掲載商品の 本場久米島紬 あじろ織  販売済

掲載商品の 藤山千春 吉野間道めがね 九寸名古屋帯    販売済
   107

本場久米島紬 あじろ織に

藤山千春さんのよこ吉野ぼかしを合わせて。

こちらの帯は、着用しますと想像より落ち着きます。

地の色がハッキリ出るのは垂れ先だけとなるからです。

お太鼓も帯前もぼかしの色が全面を占めます。





掲載商品の 本場久米島紬 あじろ織   販売済

掲載商品の 藤山千春 吉野間道ぼかし 九寸名古屋帯    販売済
   108−1
 
琉球絣にすくい織八寸名古屋帯を合わせて

こちらの八寸帯、とても織物に似合います。

ビビットな色合いが、地味になりがちな紬をお遊び儀に仕上げてくれます。





掲載商品の 本場琉球絣 着尺    はこちら

掲載商品の すくい 八寸名古屋帯 「 インカ菱文 」     販売済
   108−2
 




←クリックすると拡大します。
   109−1
 
龍郷柄の大島紬にすくいの八寸帯を合わせて

お手持ちの大島紬にもきっと似合うと思います。

金糸使いの西陣帯以外でしたら、なんとなく様になるのが大島紬です。

染帯も良し。産地系紬帯も良し。西陣の洒落た織帯も良しです。





掲載商品の すくい 八寸名古屋帯 「 インカ菱文 」     販売済

掲載商品の 本場大島紬 龍郷柄    はこちら
   109−2
  




←クリックすると拡大します。
110−1
 
白地に黒の蚊絣の本塩沢お召しに

ラベンダー地の手描きの京友禅塩瀬帯を合わせて

塩瀬でしたら単衣の時期にも重くなく合わせられます。

勿論、袷の時期でも・・・

小物の色合わせで季節感を出してみては!?





掲載商品の手描き京友禅 塩瀬 「 三つ葉 」 九寸帯  はこちら    

掲載商品の 本塩沢 お召 蚊絣 白地     販売済
   110−2
   




←クリックすると拡大します。
   111−1
 
泥の大島紬に上と同じ

手描き京友禅の塩瀬 九寸帯を合わせて

淡いラベンダーカラーですので、白地にも黒地にも似合います。

暗くなりがちな大島紬のコーディネートを明るく爽やかにしてくれます。






掲載商品の手描き京友禅 塩瀬 「 三つ葉 」 九寸帯  はこちら

掲載商品の 本場大島紬 泥染め 「 十字柄 」       販売済
   111−2
    




←クリックすると拡大します。
   112−1
 
草木染 ・ 手織 で創る横山さんのみさやま紬に

独特な世界観で展開する洛風林の九寸帯を合わせて・・・

こちらの九寸帯、紬〜小紋〜附け下げまで

合わせる事によりちょっとお洒落に、ちょっと崩した

洛風林テイストな着こなしになります。






掲載商品の 草木染 手織 みさやま紬 藍染め    はこちら

掲載商品の 洛風林 九寸名古屋帯 「 ヴァレッタ天井文 」   はこちら
   112−2
     




←クリックすると拡大します。
   113−1
 
上と同じタイプで色違い・柄違いの組み合わせ

木染 ・ 手織 で創る横山さんのみさやま紬に

独特な世界観で展開する洛風林の九寸帯を合わせて・・・

こちらの帯だと小紋〜紬で附け下げはちょっと無理でしょうか。

可愛い遊び着タイプな着こなしです。






掲載商品の 洛風林 九寸名古屋帯 「 四ツ葉文 」   はこちら

掲載商品の 草木染 手織 みさやま紬 
   113−2
      




←クリックすると拡大します。
   114−1

上と同じ帯を他の紬に・・・

洛風林の可愛らしい帯を、黄八丈のグレーに合せて見ました。

普段着の余所行きスタイルというご提案です。

モダンだけど、古典を踏襲している・・・とったイメージです。 






掲載商品の 本場黄八丈 まるまなこ グレー    はこちら

掲載商品の 洛風林 九寸名古屋帯 「 四ツ葉文 」   はこちら
   114−2
       




←クリックすると拡大します。
   115
 
本場大島紬に本場結城紬の九寸帯を合わせて

親類・知人から大島紬を頂いて・・・・帯を新調して自分らしいコーディネートを

という方のご来店が多いです。

基本的に大島紬は、染め帯・紬織帯・西陣系帯とどれも合わせ易く、

コーディネートはし易いのでは!?と思います。

皆様お悩みなのは・・・自分が好きなコーディネート、

自分らしいコーディネート・・・という事なのでしょう。





掲載商品の 本場大島紬 龍郷柄    はこちら

掲載商品の 本場結城紬 九寸名古屋帯 地機      販売済
   116
 
多分ですが・・・産地系の紬で一番流通量が多かったのが大島紬です。

現在、全国の箪笥に眠っているのも一番多いかと思います。

帯ですと、昔の品は朱色や橙色などが多く、現代では使用し難いのですが、

泥や藍の大島紬なら帯を変えるだけで現代風なコーディネートになります。

最初の一歩に頂いた大島紬から・・・着物ライフ如何でしょうか??






掲載商品の 本場大島紬 龍郷柄    はこちら

掲載商品の 本場結城紬 地機 九寸名古屋帯   はこちら 
   117
 
3種に渡り大島紬に結城紬の帯という組み合わせです。

真綿のふっくらとした風合いの結城紬帯は、

サラリとした大島紬の着物に異素材として乗せやすいです。






掲載商品の 本場大島紬 龍郷柄    はこちら

掲載商品の 本場結城紬 地機 九寸名古屋帯   未掲載
   118−1
 
本場久米島紬の総絣の着物に

西陣織の無地感あるぼかしの八寸帯を合わせて

この大きさの綜絣の着物は帯合わせが難しかったのですが、

こちらの無地っぽいぼかし織の八寸帯なら問題なく合います。

贅沢な普段着スタイルに。





掲載商品の西陣織 手機 八寸名古屋帯 「 よろけ段絣 」   はこちら


久米島紬 着尺 ムルドゥッチリ    はこちら
   118−2
        




←クリックすると拡大します。
   119−1
 
別織の一元絣の本塩沢 お召に

荒川眞理子さんの型絵染め 九寸名古屋帯を合わせて

着物の地色に帯の柄色、そして全体を締めてくれる帯の地色

全てが綺麗にまとまった組み合わせです。

雑誌から抜け出たような着姿に・・・(笑)





本塩沢 お召し 別織品    販売済

国画展入選作家 荒川眞理子作 「 はっぱ 」 全通型絵染め九寸帯    はこちら
   119−2
         




←クリックすると拡大します。
   120−1
 
ランダムストライプの縞大島紬に

イタリア・コモ湖で染め付けたイタリアンペーズリーの染帯を合わせて


めちゃくちゃパンチのある染め帯ですので、コーディネートは帯主役。

シンプルな着物に派手な帯という組み合わせですが、

こってり着物にこってり帯でも面白いかもしれません。





掲載商品のランダムストライプ縞大島紬     販売済

掲載商品のイタリア・コモ湖
 「レイク・コモ ペーズリー」染九寸名古屋帯     販売済
   120−2
          




←クリックすると拡大します。
    御覧下さいましてありがとうございました。
  良い組み合わせ・悪い組み合わせ在るかと思います。
  どちらも皆様のこれからの着物LIFEのご参考になればと存じます。
   
   TOPページ > 着物と帯の組み合わせへ戻る > 紬と帯の組み合わせ  
    1ー20    20ー40   41ー60   61ー80   81ー100   101ー120  121ー140
 
   株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます