初代 松井青々作 訪問着
■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
初代松井青々作 逸品訪問着
  逸品 訪問着 手描き京友禅 初代 松井青々作   
本 体 価 格  ¥1,200,000−
税 込 価 格  
¥1,296,000− 
初代松井青々作 逸品訪問着 初代松井青々作 逸品訪問着 初代松井青々作 逸品訪問着 初代松井青々作 逸品訪問着 初代松井青々作 逸品訪問着
全体 落款   背中心 裾の柄 右肩〜右外袖  左右の外袖+背中 
初代松井青々作 逸品訪問着 初代松井青々作 逸品訪問着 初代松井青々作 逸品訪問着 初代松井青々作 逸品訪問着 初代松井青々作 逸品訪問着
 裾の全体  衽+上前 仕立上りイメージ  左内袖+左胸   八掛け
初代松井青々作 逸品訪問着
裾の柄         
  

  全体に蒔き糊加工され、糸目、金彩、刺繍、と贅を尽くした逸品の訪問着です。

  初代松井青々氏は独特な世界観で着物を製作し、
羽田登喜男と人間国宝 の座を競ったと言われております。

  松の井の水とともに、松の緑がいつまでも青々と生き生きしているように、作風もそうである事を願ったのが、青々のいわれです。

  この作風は人気を博し、青々調といわれる模倣品が世にたくさん出るほどでした。

  
  こちらの品物は、弊店にお宝としてしまってあった作品で、往時の華やかさがございます。

  昨今ではこれだけの仕事をした訪問着は殆ど見ず、またあったとしても途方もない価格が付いております。

  こちらは、当時上手に仕入れできた作品ですので、仕入れ価格を反映したプライスかと思います。

  全体のタタキ染は無地と違い、染め色を柔らかく表現致しますので、豪華ではありますが大人しく上品な佇まいとなっております。

  店頭に在庫として常時ございますので、お心魅かれた方は是非ご来店の上、実物をご覧下さいませ。






トップページ > 着物GALLERY > 逸品絵羽GALLERY > 逸品訪問着 手描き京友禅   初代 松井青々作
掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休