国画会正会員 笠原博司作
草木染 手織 吉野格子九寸名古屋帯
■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
  吉野格子九寸名古屋帯  国画会正会員  笠原博司 作  「 萌黄 」  草木染・手織  全通柄  
本 体 価 格  ¥460,000−
税 込 価 格  
¥496,800−  ( 参考上代 )
 特別価格 ¥340,000−  ( 税込 ・ 御仕立て別 )
お太鼓 全体 帯前 織のアップ
  

  「自然はデザインの天才である・・・」と云う笠原氏の創る吉野格子は、とても繊細です。
  繊細なのは、織は勿論のこと、その色合い、帯から放たれる色は表現の仕様がない色味を持っています。

  通常、精錬された生地や糸を購入して染めたり織ったりするのですが、
  笠原氏は精錬の一段階前の練りの段階から糸を自身で扱います。

  デリケートな草木染をするに当たり、糸の性質を見抜くには、練の段階から糸に関わる事が大切と考えているそうです。

  「糸をまず自分の側へ引き寄せる・・・」作業が染めの前にあるのです。
  「そうしないと、わざわざこの後にある工程である、手織りという仕事の意味が半減してしまう気がします」
  との思いから、手間を掛けて仕事をしています。

  その結果、出来上がるこの「萌黄」なのですが、
  他に見ぬ緑色をしており、正に春野の若芽の色合いです。

  また、笠原氏は同じ柄をたくさん作る作家さんではなく、1点1点に心が籠っております。
  本品は全4部作の内1点の「萌黄」であり、同じ柄は色違いで4本、この色は1本のみの製作です。

  本当の1点物の作品と言えます。

  ※文中「」内には、作者の思いをお伝えする為に、引用しております。





 


  糸:   経 絹糸
       緯 絹糸・紬糸
  染料: 藍・揚梅皮・鬼胡桃・おひるぎ・山椿の実・梨・栗いが・化学染料

 
  〜笠原博司 略歴〜

  1959年  宮城県に生まれる
  1985年  本郷大二、本郷孝文両氏に師事する
  1990年  国展へ出品する
  2004年  (財)民族衣装文化普及協会より「きもの文化賞」受賞
  2006年  国画会会友に推挙される
  2008年  国画会準会員に推挙される
  現 在   正会員として創作活動しておられます


塩沢お召しと・・・ 塩沢お召しと・・・ 小紋着尺と・・・

  
  
名古屋仕立て 御仕立て代  ¥12,960−  ¥352,960− ( 税込 ・ 御仕立て込み ・ 送料無料 )
  開き仕立て   御仕立て代  ¥17,280−  ¥357,280− ( 税込 ・ 御仕立て込み ・ 送料無料 )

  帯の仕立て方と その種類


   トップページ > 着物GALLERY > 九寸名古屋帯GALLERY国画会会員GALLERY > 笠原博司作 吉野格子 九寸名古屋帯
   掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休