出雲織 紙布 八寸名古屋帯
■ きものGALLERY
■ 国画会会員
■ 至極の1点もの京友禅
■ 逸品 絵羽
■ 附 下
■ 小 紋
■ 江 戸 小 紋
■ 紬
■ 袋 帯
■ 九寸名古屋帯
■ 八寸名古屋帯
■ 羽織・コート
■ 長襦袢
■ 帯締めと帯揚げ
■ 夏物 きもの
■ 夏物 帯
■ 竺仙 ゆかた
■ 赤 札 品
■ 掲載品 一覧
■ 過去販売作品
■ お 知 ら せ

出雲織 紙布 八寸名古屋帯  紙布帯地  「 水面 」  
製作 / 加藤洋美

  本 体 価 格  ¥500,000−
  税 込 価 格  ¥540,000−   ( 税込 / お仕立て別 )
 
 お太鼓イメージ 全体イメージ「  張りのイメージ  絣のアップ  絣のアップ  帯前イメージ 
  


 
 出雲織と申しますと、綿の素材で作者と云うと真っ先に思い浮かべられるのが青戸柚美江さんではないでしょうか。

  本品は、若手作家さんの品で、素材も面白く手紙縒りの紙布です。

  染は出雲織ですので、勿論本藍を使用。

  白地部分も真っ白というよりは藍白で、藍色〜濃藍〜と変化しています。

  一見しますと経絣かと思われますが、ザックリと経緯絣となっており、色の濃い横段と、真ん中に大きく独鈷のように柄を織り出す仕事をしています。

  この荒々しい素材でハッキリと織柄を出すには、経緯絣とした方が表情にメリハリが出るのかと思われます。

  ザックリ素材で、経絣では柄がぼやけ過ぎてしまうのでは・・・と考えております。

  作品名に 「 水面 」 とあるように、藍だけを頼りに様々な色合いを織り出しているのですが、

  完璧では無い糸括りの端の染料の滲みなどが、味わい深い作風となっているのではないでようか。


  自然布は通年使用可能と考えておりますが、作風と織の密度から考えて、

  着用期間は単衣〜盛夏と思われます。




   掲載商品のご注文 商品下見のご依頼

  トップページ着物GALLERY八寸名古屋帯GALLERY夏物 帯GALLERY > 
出雲織 紙布 八寸名古屋帯
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
 創業九十余年                      着物と帯の専門店
東京都中央区京橋2−8−2 1階
TEL / FAX  03−3563−3310
午前11:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休