国画会会員 小島貞二作
型絵染め 麻地九寸名古屋帯
■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
  型絵染め 麻地 九寸名古屋帯  国画会正会員  小島貞二作   本麻100%  藍染め 
本 体 価 格  ¥300,000−
税 込 価 格  
¥324,000−  ( 参考上代 )
 特別価格 ¥270,000−  ( 税込 ・ 御仕立て別 )
お太鼓イメージ  全体イメージ  柄のアップ  帯前イメージ 
  

  小島貞二さんの極め柄といって良い定番の丸紋の型絵染め帯です。

  帯地は別注の麻帯地を使用しております。

  なぜ別注かと申しますと、精緻な型を重ね合わせていきますので、節や織のずれなどがありますと、

  染め上がりに影響が出てきてしまう為、極細の麻糸を使用した、上質な帯地が必要との事からです。


  またこの帯の青色は、小島氏自宅にて管理している自前の藍甕による藍染めで染めております。

  藍甕の管理は手間が掛り、怠慢するとすぐに発酵し過ぎて腐ってしまいます。

  国画会会員でも自前で用意している方は少なく、お仲間の会員さんの中には染めに来る方も居られるそうです。

  面白い!と感じたのは、看板である丸紋は当たり前にあるもの前提し、この藍の中に散る白抜きの丸です。

  濃い藍ではなく、青空色のような地色に白抜きの丸は、昔なつかしいソーダ水のようで、趣さえ感じさせます。


  
  冬帯でも探すとなりますとなかなか出逢えないのですが、夏帯は非常に希少です。

  御目に停まった方は、是非実物をご覧下さい。かならずや心魅かれるかと存じます。







  〜小島貞二 略歴〜
 
  1949年  東京に生まれる
  1967年  染色作家の父・小島悳次郎(こじまとくじろう)について染色を始める
  1973年  日本民藝館奨励賞
  1977年  個展活動を開始する
  1979年  国画会新人賞
  1987年  現在地に工房を移す
  1988年  国画会会員となる
  1972年より20数回インドに渡り、インドの染色に大きな影響を受ける


 
  
名古屋仕立て 御仕立て代  ¥12,960−  ¥282,960− ( 税込 ・ 御仕立て込み ・ 送料無料 )
  開き仕立て   御仕立て代  ¥17,280−  ¥287,280− ( 税込 ・ 御仕立て込み ・ 送料無料 )
  帯の仕立て方と その種類


   トップページ > 着物GALLERY > 国画会会員GALLERY = 夏物 帯GALLERY> 小島貞二作 型絵染め 麻地九寸名古屋帯
   掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休