見留敦子作
創作手織 経緯絣 織九寸名古屋帯
「 浅葱の香り 」
■ きものGALLERY
■ 国画会会員
■ 至極の1点もの京友禅
■ 逸品 絵羽
■ 附 下
■ 小 紋
■ 江 戸 小 紋
■ 紬
■ 袋 帯
■ 九寸名古屋帯
■ 八寸名古屋帯
■ 羽織・コート
■ 長襦袢
■ 帯締めと帯揚げ
■ 夏物 きもの
■ 夏物 帯
■ 竺仙 ゆかた
■ 赤 札 品
■ 掲載品 一覧
■ 過去販売作品
■ お 知 ら せ
経緯絣 織九寸名古屋帯 国展入選作家 見留敦子作 「 浅葱の香り 」 六通柄  田村屋別誂え品
本 体 価 格  ¥440,000−
税 込 価 格  
¥475,200−  ( 参考上代 )
 特別価格  ¥380,000−  ( 税込 ・ 御仕立て別 )
お太鼓イメージ
垂れ先柄有ジ
お太鼓イメージ
垂れ無地 
 全体イメージ  反物イメージ 柄のアップ 
帯前イメージ  絣のアップ       
  



  弊店で何度もリピートさせて頂いている作家さんである、見留敦子さんの絣織の九寸名古屋帯です。

  こちらの帯は、工房兼御自宅にお邪魔させて頂いた際に、直接依頼した別誂えの弊店オリジナルの織帯です。

  都内某区の閑静な住宅街の一軒家が御自宅兼工房です。
  外見からは、まさかこの中で機織りが行われているなんて・・・という感じです。

  今まで製作した作品の見本裂などを見せて貰いながら、この布は○○展に出品したものとか、

  この織はすごく大変だったなど、楽しいお話をさせて頂いて参りました。

  色々なお話の中で、絣はあんまり好きではない(笑)という事で、理由を尋ねますと、
  「絣足がどうも・・・」というお返事。
  
  そこを無理言ってお願いして、経緯絣で丸紋を織上げるという本品を別注して参りました。

  織物好きな方はこの絣足が味わいと思っているのに・・・でも本品はちゃんと手括りにて経緯絣を使用しています。
  経緯絣でないと、この真っ白の丸は織れません。
  経絣でも、緯絣でもどちらかの糸が色である為、地色に対して約半分の色の濃さの丸になってしまいます。
  この真っ白の丸の織柄はただの丸柄ではなく、相当手間の掛る価値ある丸柄なのです。 

  しかも、お話通り、絣足が目立たない程の真ん丸な絣柄です!

  御自身で括りでこの絣糸から製作して織上げています。
  染めるのはキッチンで大きなラーメン屋さんにあるような寸胴鍋で行います。

  織物に必要な設計図もあんまり書かないとの事。こんなのが織りたいと思えば、
  自然に織れるし、注文通り織るには図面が必要だし・・・・と。

  作家さんの多くは、作品に一定の方向があり、これは○○さんの作ではないかと推測が出来るのですが、
  見留さんの作品は、どれもこれも雰囲気が全然違うのです。
  ふわっとした柄があるかどうか解らない作品から、弊店取り扱いの八寸帯のような力強いものまで。

  お話をさせて頂いて、この不思議な感覚が作品作りにも表れているな・・・と感じた次第でした。


  半年弱待ち、ようやく弊店の在庫となりました。
  
  浅葱色と白の2色の濃淡で、格子と丸紋という組み合わせのこちらの帯は
  着物に合せ易く、どんな着物も爽やかモダンテイストに味付けしてくれます。
  帯合わせにお悩みの着物に特効薬として効いてくれるはずです。
  

 
  〜見留敦子 略歴〜

  1960年 千葉県生まれ
  2000年 渡辺純子氏に師事
  2004年 第78回 国展 入選
         座繰り糸による織の公募展 大賞受賞
  2006年 第80回 国展 入選




  
名古屋仕立て御仕立て代 ¥12,960−  ¥423,360− ( 税込 / 御仕立て込み / 送料無料 )
開き仕立て御仕立て代  ¥17,280−  ¥427,680− ( 税込 / 御仕立て込み / 送料無料 )

  帯の仕立て方と その種類

 掲載商品のご注文 商品下見のご依頼



   トップページ着物GALLERY国画会会員GALLERY> 見留敦子作 絣織九寸名古屋帯 「 浅葱の香り 」
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
 創業九十余年                      着物と帯の専門店
東京都中央区京橋2−8−2 1階
TEL / FAX  03−3563−3310
午前11:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休