本場結城紬 百亀甲飛び柄 地機
「 花兎のとび 」
■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
本場結城紬 地機 百亀甲飛び柄 「花兎のとび」
 本場結城紬 地機 百亀甲 飛び柄    「 花兎のとび 」 明るめの白茶地
  
本 体 価 格  ¥1,160,000−
税 込 価 格  
¥1,252,800−  のお品 →
36%OFF ¥798,000− ( 税込 ・ お仕立て別 )
本場結城紬 地機 百亀甲飛び柄 「花兎のとび」 本場結城紬 地機 百亀甲飛び柄 「花兎のとび」 本場結城紬 地機 百亀甲飛び柄 「花兎のとび」 本場結城紬 地機 百亀甲飛び柄 「花兎のとび」 本場結城紬 地機 百亀甲飛び柄 「花兎のとび」 本場結城紬 地機 百亀甲飛び柄 「花兎のとび」
 お仕立上りイメージ 全体イメージ  柄のアップ  衿のイメージ  反物イメージ  証紙 
  

  本場結城紬の地機(いざり機)の百亀甲の飛び柄です。

  弊店では無地の結城紬は結城紬卸商組合のラベル(真中の糸を紡いでいる証紙)の無い反物を別誂えで取り扱っておりますが、

  柄物となりますと、産地問屋さんが需要を見越して生産した反物の中から、気に入った品を選んだ方が安く入荷出来ます。

  こちらの反物は産地問屋さんの柄ではなく、紬専門問屋さんが別誂えした柄の結城紬です。

  柄の設計図から糸の括りと1反で別織しますと、機織り以外の原価が1反に全て掛ってきてしまいます。

  1反別織というのは非常に難しく、最低でも2反もしくは4反からの製作となります。

  
  色目と柄がひと目で気に入り、入荷となった結城紬です。

  ベージュ・・・と言うよりはオフホワイトに近い白茶で、明るめなトーンです。

  また柄が「 花兎のとび 」というのも素晴らしいです。

  正倉院文様の中の一つで、お目出度い、縁起が良いとされておりますが、「 花兎のとび 」柄の飛び柄で

  ひびきも良いですし、何より可愛らしいイメージが膨らみます。


  本場の結城紬の織のテクスチャーは特徴的で、たて方向に織味の表情が出ています。

  他の産地紬は透かして見るとよこ方向にこの線が見えます。

  織物は反物の巾に経糸を整経したら、緯糸で3丈3尺(12m以上!)を織上げなければなりません。

  同じ生地の厚さで早く織る為には経糸に比べ緯糸を太くした方が楽なのです。

  緯糸が経糸に比べ太い為に、よこ方向の織のテクスチャーが見えるのです。

  本場結城紬は緯糸より経糸の方が太いのでたて方向に織のテクスチャーが現れます。

  それだけ織るのに時間が掛る手間の掛る機織りと言えます。

 

  実は・・・山下健さんの吉野格子帯とのコーディネートがしたく、揃えて仕入れしてきました。

  仕入れ段階で帯と着物をコーディネートして考える事は殆ど無いのですが、なぜか思い付いてしまいピタッと合ってしまったのです。
  
  こちらの組み合わせで販売することは無いかもしれませんが、この組み合わせを掲載したくて入荷してしまいました。


 
山下健作吉野格子とのコーディネート  読谷山花織とのコーディネート

  
  
本場結城紬 地機 百亀甲飛び柄 袷 御仕立て上り  ¥871,440−  ( 税込 ・ お仕立上り ・ 送料無料 )

  上記価格には
  国内和裁士一級手縫仕立て ¥39,960−
  胴裏(グンゼ絹バラ) ¥10,800−
  別染無地八掛 ¥14,040−
  産地湯通し ¥8,640−
  合計  ¥73,440− 
  が含まれます。
  パールトーン加工・紋入れ・ぼかし八掛・その他は別途承ります。

 

 
   トップページ > 着物GALLERY > 紬GALLERY > 本場結城紬  地機 百亀甲飛び柄 「 花兎のとび 」
   掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休