真糊京友禅 附下
「 モダン茶屋辻 」

■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
  手描き京友禅  真糊  田村屋別誂え品 1点もの  「 モダン茶屋辻 」 
本 体 価 格  ¥600,000−
税 込 価 格  
¥648,000−
 仕立上りイメージ 左右の袖  衽+上前  柄のアップ1 
柄のアップ2  上前+左右後身  衿のイメージ   
  

  この世にたった一点だけの附下を目指して・・・

  最高の茶屋辻を作ろう! という気持ちで挑んだひと品です。

  茶屋辻は古典の焼き直しの柄で、柄としては既に完成されていると言っても過言ではありません。

  その茶屋辻を現代の最高の職人さん達に、意匠はそのまま色使いを現代のニーズに合うよに・・・と考えて製作した附下げです。

  極細の真糊で糸目を置いていき、染めをする段階で一度白生地のまま見せて貰いました。

  そこで再度、地色を考案して挿し色の指定をお願して友禅に入ります。

  地色は真糊の糸目が確認出来る限界の薄さ・・・あまり薄色を地にしますと糸目が浮き上がらなくなってしまいます。

  挿し色は、塗り切りで。

  これはぼかしなどのテクニックも勿論ありますが、重厚な雰囲気と申しますか、重苦しい、古典的に成り過ぎるという考えから

  あえての塗り切りを採用しました。

  色目はライトな寒色系を中心に。 

  どこにでもある茶屋辻の着物ですが、並べますと仕事の差が歴然と解るから恐ろしいです。

  繊細で細やかなのですが、はっきりとしていて隙がなく美しい仕上がりの一枚です。

  お写真では全く伝わらないかもしれません。。。

  常時店頭にございますので、「 もしかして・・・ 」 とお思いの方は是非実物をご覧にいらして下さい。

  地色は水色に少し緑を感じる青磁のような色合いです。

  

 

  

  名古屋仕立て 御仕立て上り ¥306,600−

   
 

附下 袷 御仕立て上り ¥709,560−  ( 税込 ・ 御仕立て込み ・ 送料無料 )

  上記価格には
  国内和裁士一級手縫仕立て ¥35,640−
  胴裏(グンゼ絹バラ) ¥10,800−
  別染ぼかし八掛 ¥15,120− 
  合計¥61,560−
  が含まれます。
  パールトーン加工・紋入れ・その他は別途承ります。

   トップページ > 着物GALLERY > 至極の一品 京友禅GALLERY> 真糊 手描き京友禅 附下 「 モダン茶屋辻 」
   掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休