真糊京友禅 附下 
「 裂取り更紗文 」
■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
真糊京友禅 「裂取り更紗文」
  真糊京友禅  附下   「 裂取り更紗文 」   
本 体 価 格  ¥360,000−
税 込 価 格  
¥388,800−
 地色のイメージ
真糊京友禅 「裂取り更紗文」 真糊京友禅 「裂取り更紗文」 真糊京友禅 「裂取り更紗文」 真糊京友禅 「裂取り更紗文」
 お仕立上りイメージ 左右の袖  衽+上前   上前柄アップ1
真糊京友禅 「裂取り更紗文」 真糊京友禅 「裂取り更紗文」 真糊京友禅 「裂取り更紗文」 真糊京友禅 「裂取り更紗文」
 上前柄あっぷ2  上前+左右後身  衿のイメージ  染めの裏側
  

  こちらの色・柄は実は東京友禅の持ち味なのです。

  それを得意にしていた問屋さんが、膨大な資料を元に京都の真糊が得意な染匠に持ちこみ、

  色と雰囲気は東京友禅のまま、京都の分業制の職人にやらせてみた・・・という一枚です。

  裂取りの中は、それは素晴らしい加工がされております。

  この加工だけで全面的に柄を構成したいのは山々ですが、やはりそこはコストとの絡みで、

  上手に蔦を延ばして柄のつながりを保ちつつ、控え目にしております。

  一昔前でしたら、こちらの加工を全面に施した訪問着や色留袖・黒留袖が豪華で素晴らしい!とされ

  120万円!150万円!!と当たり前のように売れていた・・・時代もあったのです。

  現在の感覚で言えば、そんなに豪華な着物は着る場がないと考えられ、

  柄の分量としては、こちらで丁度良い感覚です。

  加工のレベルは落とさずに、加工面積を少なくして価格を抑える・・・という考えは、

  加工の質を落として、加工面積を維持した着物より、やはり見ごたえがあります。

  一口だけど、とても美味しい料理と、大盛りだけどちょっと口に合わない料理・・・差は歴然としているはずです。


    


 

  
 
 附下 袷 御仕立て上り ¥450,360−  ( 税込 ・ 御仕立て込み ・ 送料無料 )

  上記価格には
  国内和裁士一級手縫仕立て ¥35,640−
  胴裏(グンゼ絹バラ) ¥10,800−
  別染ぼかし八掛 ¥15,120− 
  合計¥61,560−
  が含まれます。
  パールトーン加工・紋入れ・その他は別途承ります。


   トップページ > 着物GALLERY > 附下GALLERY  > 真糊京友禅 附下 「 裂取り更紗文 」 
   掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休