白大島紬 リング糸
■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
白大島紬 リング糸
  白大島紬  リング糸  伝統的工芸品 
  
  本 体 価 格  ¥300,000−
  税 込 価 格  ¥324,000−
白大島紬 リング糸 白大島紬 リング糸 白大島紬 リング糸 白大島紬 リング糸
 お仕立上りイメージ 反物イメージ  全体イメージ  織のアップ1 
白大島紬 リング糸 白大島紬 リング糸 白大島紬 リング糸 白大島紬 リング糸
 織のアップ2  衿のイメージ リング糸  織の表情 
  

  緯糸にリング糸を使用した珍しい大島紬のご紹介です。

  現在一般的に認知される大島紬はサラリとした風合いが特徴的な、織物ではありますが節の無い糸を使用した

  お召のような織味となっております。

  本品は、緯糸にリング糸という節ではなく玉のような形状がある独特な糸を使用して織上げた1反です。

  このリング糸は切れやすく、また引っ掛かるので織り難い為、手機でなくては織れず、廃れていったようであす。

  昔は一般的に出回り、暖かく着易いという事から人気のあった品物と聞いております。


  通常の平糸でしたら、反物を織るのに緯糸は38cmですみますが、リング糸はリングの分だけ多く糸が通ります。

  その分温かみも出ますし、節糸と違いリング糸は伸び縮があり、通常の反物では有り得ない斜め方向(バイアス)への伸縮性が出ます。

  この斜め方向の伸縮性は、非常に着易く、長時間座っていてもお尻や膝が出にくいという特徴を持ちます。

  
  昔は結城大島とも呼ばれ、暖かく着易い事から着物業界人から仕事着として愛されたというのも納得です。


 藤山千春帯との組み合わせ 藤山千春帯との組み合わせ 
すくい八寸帯との組み合わせ  読谷山花織九寸帯との組み合わせ
 

 
  白大島紬 リング糸  袷 御仕立て上り  ¥386,640−  ( 税込 ・ お仕立上り ・ 送料無料 ) 

  上記価格には
  国内和裁士手縫仕立て ¥34,560−
  胴裏(グンゼ絹バラ) ¥10,800−
  別染無地八掛 ¥14,040−
  湯通し ¥3,240−
  合計  ¥62,640− 
  が含まれます。
  パールトーン加工・紋入れ・ぼかし八掛・その他は別途承ります。


 

 
   トップページ > 着物GALLERY > 紬GALLERY > 白大島紬 リング糸
   掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休