首里花織 九寸名古屋帯
■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
  首里花織 九寸名古屋帯    伝統的工芸品    別織品
本 体 価 格  ¥260,000−
税 込 価 格  
¥280,800− 
お太鼓 全体 織り目アップ 前柄


  言わずと知れた首里花織の九寸名古屋帯ですが、ちょっと変わった雰囲気のものをご紹介します。

  ここ何年かの琉球織物ブームで、誰もが見聞きするようになった琉球の織物ですが
  出始めの頃は、どれも同じような雰囲気のものばかりでした。

  当店も琉球物を好きで取り扱いますが、ちょっと毛色の変わったものをと心掛けて集めています。

  本品は、産地組合の証紙が付いておりますが、ある問屋さんの別注品です。

  産地織物には、産地が勝手にといっては何ですが、日常的に生産している品物と、

  問屋さんが、ある織り子さんに色や柄を指定して織ってもらった別注品とがあります。

  産地生産品を大量に買い叩く問屋さんもあれば、丁寧に一品づつ色柄を指定して買い取る問屋さんもいる訳です。

  同じ産地織物でも出自が違うと、雰囲気が変わってきます。   (勿論、価格にも少々影響が・・・)

  赤・黄・緑などの派手な色の組み合わせが多い琉球織物ですが、シックなモノトーンで浮き織りもシンプルです。

  製作者のデザインに対する意識が(織り目アップの写真)に見受けられます。

  本来、黒い浮き織りになる部分を意図的に色替えし、イメージを柔らかくしていると思います。

  モダン&シャープな首里の花織はどんな着姿になるのでしょう・・・か?


  
  名古屋仕立て 御仕立て代  ¥12,960−  ¥293,760− ( 税込 ・ 御仕立て込み ・ 送料無料 )
  開き仕立て   御仕立て代  ¥17,280−  ¥298,080− ( 税込 ・ 御仕立て込み ・ 送料無料 )

  帯の仕立て方と その種類


   トップページ > 着物GALLERY > 九寸名古屋帯GALLERY > 首里花織 九寸名古屋帯  問屋別注品 
   掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休