江戸小紋 「 行儀と角通し市松 」  
■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
江戸小紋 廣瀬雄望作 行儀と角通し市松 新橋色
  江戸小紋   廣瀬雄望 作   「 行儀と角通し 市松 」  極柄
新本体 価 格  ¥360,000−
税 込 価 格  
¥388,800−  の品 → 
 据え置き価格  ¥280,800−  ( 税込 ・ お仕立別 )
 染め色のイメージ
江戸小紋 廣瀬雄望作 行儀と角通し市松 新橋色 江戸小紋 廣瀬雄望作 行儀と角通し市松 新橋色 江戸小紋 廣瀬雄望作 行儀と角通し市松 新橋色 江戸小紋 廣瀬雄望作 行儀と角通し市松 新橋色
 お仕立上りイメージ 反物イメージ  生地のアップ  染め色と地色 
江戸小紋 廣瀬雄望作 行儀と角通し市松 新橋色 江戸小紋 廣瀬雄望作 行儀と角通し市松 新橋色
衿のイメージ  10cm×10cm     


  元々は江戸城内で武士が着る公式の礼装着である裃が無地であったのが、
  
  小紋柄を使用しだし、各藩が「定め小紋柄」を決め他藩への使用を禁じたのが始まりと云われています。

  武士の中で江戸小紋が浸透するに連れて、武士に憧れる裕福な町人達が真似をするように江戸小紋を衣装に施すようになります。

  次第に町人(主に豪商と言われる)は競うようにお洒落を楽しみ出し、自由な柄の江戸小紋が生まれます。

  当初は男性の略式礼装着でしたが、徐々に女性へも広まりました。


  本品は 「 行儀と角通し 市松 」 という柄名です。 

  江戸小紋の定番と言ってよい程、人気のある柄です。

  タテ・ヨコ整列した角通し、斜めに整列した行儀のマスが市松に染め付けられております。

  極柄という小さな柄ですが、斜めの点々とタテヨコ整列した点々とでは、色の出方が微妙に違い、

  遠目には市松の濃淡のようで、近づくにつれその緻密さが表れて参ります。

  染め色は新橋色で鮮明なブルーですが、極小の点々が白く密に染め抜かれますので、

  地色は染め色より薄くなります。


  廣瀬さんの江戸小紋は東京で本染めの中では最安値で最も数多く染め付けしていたと思われます。
  時代が変わり数は激減したのですが、最近まで価格は往時のまま据え置かれておりました。
  過去の遺産で営業して参りましたが、未来につなぐという事で現在の採算に見合う価格へと改定されております。

  左の価格が新価格で、こちらの品は無理を申して旧価格で仕入れたので据え置き価格で販売させて頂きます。

  染め付けに使うおがくずなども、昔は材木屋さんから廃材として無料で調達出来ましたが、
  現在では材料として購入しなくてはならない・・・などの時代の変化もあるようです。
  


 


  作業工程は田村屋サイト内の着物博士江戸小紋を御覧下さい。
  
  
 

  
  江戸小紋 袷 お仕立て上がり ¥335,880−   ( 税込 ・ 御仕立て込み ・ 送料無料 )

  上記価格には
  国内和裁士一級手縫仕立て ¥30,240−
  胴裏(グンゼ絹バラ) ¥10,800−
  別染無地八掛 ¥14,040−
  合計 ¥55,080
  が含まれます。

  別染めぼかし八掛の場合には¥14,700−となり、上記価格に¥1,080−プラスとなります。
  パールトーン加工・紋入れ・ぼかし八掛・その他は別途承ります。


   トップページ > 着物GALLERY > 小紋GALLERY > 江戸小紋 廣瀬雄望作 「 行儀と角通し 市松 」
   掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休
着物と帯の専門店 田村屋