創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休



ゆうな染 久米島紬 
■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
ゆうな染 久米島紬
  久米島紬 ゆうな染  伝統的工芸品  染料 : ユウナ  モモタマナ  泥
本 体 価 格   ¥320,000−
税 込 価 格   
¥345,600− 
ゆうな染 久米島紬 ゆうな染 久米島紬 ゆうな染 久米島紬 ゆうな染 久米島紬
 お仕立上りイメージ 反物イメージ1  絣足の黄色  反物イメージ2 
ゆうな染 久米島紬 ゆうな染 久米島紬 ゆうな染 久米島紬 ゆうな染 久米島紬
 全体イメージ  衽+上前  柄合わせ  衿のイメージ


  草木染め、手括り、手織り、紬の王道の手順を今尚踏んでいるのが久米島紬です。

  草木染で手括り、それでいて絵絣を織上げている産地は考えますと非常に少ないです。

  草木染でも縞、格子、無地しか織っていなかったり、絵絣は織っているけど草木染めの手括りでは無かったり・・・と

  全てをクリアしているのは、宮古上布、芭蕉布、久米島紬と琉球地方が殆どです。

  
  本品はそんな久米島紬でも淡い色合いで人気のある「 ゆうな染 」 の一反です。

  通常、淡いグレー地に墨色の柄が織上げられているのですが、

  こちらの反物は、墨地の横段の中に括りによって淡いグレー地に防染された柄が織上げられています。

  柄を反転させる為のバックグラウンドとして、墨色を横段としている訳です。

  そのお陰?でしょうか・・・ちょっと民芸っぽさが薄れ、シャープな印象を受けました。
 

  お仕立ての仕方でもまた違う表情を見せ、

  基本的なランダム(柄を合わせない)、   写真ですと衽+上前

  同じ横段を合わせる柄合わせ、       写真ですと柄合わせ

  濃い地と薄地を合わせる柄合わせと    写真ですと衿のイメージ

  3種類の柄合わせによって、着物としての仕立上りのイメージは変化します。

  写真 : 衿のイメージのような薄地と濃い地の柄合わせは、ちょっと見た事のないモダンな着物になりそうな!気が致します。

  絣の終わり部分=絣足が全て黄色く出ているのも特徴です。

  


  
 斎藤佳代子九寸帯とのコーディネート
 


  草木染 久米島紬 袷 御仕立て上り ¥408,240− ( 税込 ・ 御仕立て込み ・ 送料無料 )

  上記価格には
  国内和裁士手縫仕立て ¥34,560−
  胴裏(グンゼ絹バラ) ¥10,800−
  別染無地八掛 ¥14,040−
  湯通し ¥3,240−
  合計  ¥62,640− 
  が含まれます。
  パールトーン加工・紋入れ・ぼかし八掛・その他は別途承ります。


   トップページ > 着物GALLERY > 紬GALLERY > ゆうな染 久米島紬 
   掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます