手描き京友禅  附下 
「 唐花 」
■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
手描き京友禅 「 唐花 」 附け下げ
  相良刺繍   附下    「 唐花 」    
本 体 価 格  ¥ 400,000−
税 込 価 格  
¥432,000−  
 地色のイメージ
手描き京友禅 「 唐花 」 附け下げ 手描き京友禅 「 唐花 」 附け下げ 手描き京友禅 「 唐花 」 附け下げ 手描き京友禅 「 唐花 」 附け下げ 手描き京友禅 「 唐花 」 附け下げ
 お仕立上りイメージ 左右の袖  衽+上前   柄のアップ 上前+左右後身 
手描き京友禅 「 唐花 」 附け下げ 手描き京友禅 「 唐花 」 附け下げ
右後袖〜右後肩  左前袖〜胸〜衿      
  

  緑をほんのりと感じるベージュ、染屋さんは灰白と表記しておりますが、

  フロスティグレイ、蕎麦切色ほど緑ではないです。

  淡く上品な地色の上に糸目に胡粉揚げの唐草がうねうねと訪問着の柄付けに上手に伝っています。

  柄付けとしては、左袖〜左胸〜衿と右後袖〜右後肩の柄がつながる、附け下げというようりは訪問着クラスの柄の配し方となります。

  手描きの京友禅で訪問着となりますと7,80万円〜100万円オーバーとなりますが、

  唐花の柄を上手に利用して、加工密度を上げずに面積を広く柄付けしています。

  手間だけ掛って加工賃は上がらずで、職人さんは面倒だったと思うのですが・・・

  この位の附け下げ止まりの柄量の方が、着用頻度も高くエンドユーザーの方には重宝されると思うのです。

  
  こちらのお品は別染めと申しまして、染問屋さんが新作として製作した品を元に、田村屋で指定して色を変えて頂きました。

  当初は花は朱赤で縁取りは金彩だったのですが、唐草の伸びやかな印象に対して花だけが重苦しい印象でした。

  朱赤を紫に、金彩を銀彩に指定したのですが、出来上がりはバッチリ。

  元のイメージを損なわずにモダンな着物に染め上がりました。


  豪華な染め帯で普段着の延長線上のドレスアップに

  西陣織の名古屋帯で、プライベートなよそいきに・・・

  豪華な袋帯で公式なパーティーにと、自分流に着回せる訪問着取りの附下げです。



 

  
  
附下 袷 御仕立て上り ¥493,560−  ( 税込 ・ 御仕立て込み ・ 送料無料 )

  上記価格には
  国内和裁士一級手縫仕立て ¥35,640−
  胴裏(グンゼ絹バラ) ¥10,800−
  別染ぼかし八掛 ¥15,120− 
  合計¥61,560−
  が含まれます。
  パールトーン加工・紋入れ・その他は別途承ります。


   トップページ > 着物GALLERY > 附下GALLERY  > 相良刺繍  附け下げ 「 唐花 」
   掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休