国画会正会員 村江菊絵 作
草木染手織 藤紫〆切紋織 九寸名古屋帯
■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
村江菊絵作 「藤紫〆切紋織」 九寸名古屋帯
  創作手織 藤紫〆切紋織 九寸名古屋帯 国画会正会員 村江 菊絵 作    草木染 ・ 手織   
本 体 価 格  ¥380,000−
税 込 価 格  
¥410,400−  ( 参考上代 )ご売約済
  特別価格 お問い合わせ下さい ( 税込 ・ 御仕立て別 )
村江菊絵作 「藤紫〆切紋織」 九寸名古屋帯 村江菊絵作 「藤紫〆切紋織」 九寸名古屋帯 村江菊絵作 「藤紫〆切紋織」 九寸名古屋帯 村江菊絵作 「藤紫〆切紋織」 九寸名古屋帯 村江菊絵作 「藤紫〆切紋織」 九寸名古屋帯


  国画会の作家さんの中でも個人的に特に好きな作家さん、村江さんの織帯です。

  〆切りとは同じ横段を織上げるのでも経糸を染め上げて柄だしする技法で、本品は経緯色糸にて織上げております。

  織物で横段を織る際に一番簡単なのは緯糸だけ色糸にする方法で、こちらは織る際にその部分だけ色違いの糸で織れば出来上がります。

  機に掛ける前に経糸を染色する為、〆切りの方が手間がかかります。

  その味わいはタテ方向に出る絣足に出ますが、出るのが味わいなのですが出過ぎるのは糸の柄付けが下手とも言えます。

  こちらのお品は村江さんのお人柄、すごくキッチリと仕上げております。

  経緯の〆切りと緯浮織を巧みに織り交ぜて出来上がる一本です。

  奇を衒うではございませんが、他人がやらない技法を尽くす作家さんも居られますが、

  村江さんの技法は織物としてはオーソドックスなものだと思います。

  ですが仕事が丁寧・緻密、そしてセンスが良いという技術や技法ではなく村江さんの持つ人間性によって出来上がる作風だと考えております。

  同じ様な技法の織物がありましても、村江さん風には成らないのです。

  個性的というのは他人に比べ変わっているというのではなく、このような事だと実感させてくれる帯地です。

  


  染料 : インド干し葉藍  黄はだ  矢車  渋木

  

  


 〜 村江 菊絵 略歴〜

  1979年 紬織を独習 日本民藝館展入選
  1983年 国展初入選
  2007年 日本民藝館展奨励賞受賞
  2008年 国画会会員推挙


  現在に至る

 

  名古屋仕立て 御仕立て代  ¥12,960
  開き仕立て   御仕立て代  ¥17,280−

  帯の仕立て方と その種類

   トップページ > 着物GALLERY > 国画会会員GALLERY = 国画会正会員 村江菊絵 作  「 藤紫〆切紋織 」 創作手織 九寸名古屋帯
000053   掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休