西陣織 手機 袋帯 「 大二重蔓牡丹 」
■   きものGALLERY
■   国画会会員
■   至極の1点もの京友禅
■   逸品 絵羽
■   附 下
■   小 紋
■   江 戸 小 紋
■   紬
■   袋 帯
■   九寸名古屋帯
■   八寸名古屋帯
■   羽織・コート
■   長襦袢
■   帯締めと帯揚げ
■   夏物 きもの
■   夏物 帯
■   竺仙 ゆかた
■   赤 札 品
■   掲載品 一覧
■   過去販売作品
■   お 知 ら せ
西陣織 手機 最高級品 「大二重蔓牡丹」 
  西陣織 手機 袋帯  「 大二重蔓牡丹 」 
本 体 価 格  ¥1,000,000-
税 込 価 格  
¥1,080,000-  のお品 →
 特別販売価格はお問い合わせ下さい
西陣織 手機 最高級品 「大二重蔓牡丹」  西陣織 手機 最高級品 「大二重蔓牡丹」  西陣織 手機 最高級品 「大二重蔓牡丹」  西陣織 手機 最高級品 「大二重蔓牡丹」  西陣織 手機 最高級品 「大二重蔓牡丹」 
西陣織 手機 最高級品 「大二重蔓牡丹」  西陣織 手機 最高級品 「大二重蔓牡丹」  西陣織 手機 最高級品 「大二重蔓牡丹」  西陣織 手機 最高級品 「大二重蔓牡丹」 
  

  西陣織の手機で織られた最高級の袋帯です。

  タテ糸は極細の金糸、ヨコ糸を黒糸と金糸交互に織上げております。

  そうする事に寄り、全体が鈍い金色に見え、落ち着きある豪華な見た目となっています。


  良い生地は重い?軽い?とよくお客様より聞かれたり、言われたり致します。

  手間を掛けた軽さと手間を省いた軽さがあり、一概には申せないのですが、良い帯は総じて軽い!と思います。

  手機の帯ですと、豪華な見た目重そうなのに、手に取ると見た目と違い軽い。

  本品は見た目も全体が紗生地の様な、よろけ織のような風合いで、見た目も実際も非常に軽いです。

  
  帯の中を覗いて撮影してみましたが、光が透けて見えるのが解ります。

  また手機特有の、柄糸が帯全体に走る事無く柄部分だけとなっている事が解ります。

  帯地は紗生地ほど軽く織上げているのに、柄部分だけは密度濃く織っています。

  これが自動織機ですと全体一律、同じ調子で織上げてしまいます。


  こちらの帯の迫力と質感の良さ、お写真ではなかなかお伝えしきれません。

  常時店頭にございますので、ご興味のある方はお出掛け下さいませ。




  
  三河綿芯(極薄)入り 御仕立て代¥12,960−
  御仕立て上り価格   
 特別販売価格はお問い合わせ下さい

   トップページ > 着物GALLERY > 袋帯GALLERY > 西陣織 手機 袋帯  「 大二重蔓牡丹 」 
000086   掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX  03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休