創業九十余年                      着物と帯の専門店
東京都中央区京橋2−8−2 1階
TEL / FAX  03−3563−3310
午前11:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休



国画会正会員 山下健 作
板締め絣にロートン織
九寸名古屋帯 生絹(すずし)
■ きものGALLERY
■ 国画会会員
■ 至極の1点もの京友禅
■ 逸品 絵羽
■ 附 下
■ 小 紋
■ 江 戸 小 紋
■ 紬
■ 袋 帯
■ 九寸名古屋帯
■ 八寸名古屋帯
■ 羽織・コート
■ 長襦袢
■ 帯締めと帯揚げ
■ 夏物 きもの
■ 夏物 帯
■ 竺仙 ゆかた
■ 赤 札 品
■ 掲載品 一覧
■ 過去販売作品
■ お 知 ら せ
国画会正会員山下健作 板締め絣にロートン織 生絹(すずし)九寸名古屋帯 田村屋
板締め絣にロートン織 九寸名古屋帯 国画会正会員 山下健 作  手織  生絹(すずし)
本 体 価 格  
税 込 価 格  
お買い上げありがとうございました
国画会正会員山下健作 板締め絣にロートン織 生絹(すずし)九寸名古屋帯 田村屋 国画会正会員山下健作 板締め絣にロートン織 生絹(すずし)九寸名古屋帯 田村屋 国画会正会員山下健作 板締め絣にロートン織 生絹(すずし)九寸名古屋帯 田村屋 国画会正会員山下健作 板締め絣にロートン織 生絹(すずし)九寸名古屋帯 田村屋
国画会正会員山下健作 板締め絣にロートン織 生絹(すずし)九寸名古屋帯 田村屋 国画会正会員山下健作 板締め絣にロートン織 生絹(すずし)九寸名古屋帯 田村屋 国画会正会員山下健作 板締め絣にロートン織 生絹(すずし)九寸名古屋帯 田村屋 国画会正会員山下健作 板締め絣にロートン織 生絹(すずし)九寸名古屋帯 田村屋



  本品は精錬、まだ練りを入れる前の生の絹糸を使用した手織りの帯地となります。

  「生絹」と書いて「すずし」と読みます。

  灰汁や石鹸ソーダ水で煮て絹の成分のひとつセリシンを落としたものを練絹といい、

  通常の着物や帯などはこちらの練絹を使用して作られています。

  セリシンは天然のニカワ成分ですので、これを落とす事により、

  皆様のイメージする柔らかな絹となります。

  当品で使用されている生絹は、熱湯を通していない状態のシャリシャリと硬い絹を使用しており、

  生絹=すずしの名称の通り、涼やかな見た目と質感を持っております。

  タテ糸を整経した後、板締めにて絣付け、染め上がった糸をずらして織り上げるという工程にて

  こちらの帯は出来ています。

  タテの縞のような部分にはロートン織を入れて、全体に点々とアクセントを加えてます。

  生絹(すずし)の質感と、このグレートーンのぼかしがとても調和した帯です。

  山下健さんは糸質にこだわり過ぎて、年間に手に入る希望通りの糸の分だけしか製作せず、

  業者泣かせの作家さんです。

  業者「もっと織って・・・」と申しても、

  山下さん「糸がありません」(希望するものが)

  となります。

  弊店でも待ちに待った入荷のお品です。


 


  

 
 〜 山下 健 略歴〜

  1955年      生まれ
  1973年      柳悦孝・悦博先生に師事
  1976年      第50回国展初入選記念賞受賞
        以後毎年出品(入選14回)
  1977年      日本民芸館展出品
  1995年      国画会々友となる。
  1999年      会友優作賞を受賞。
  2001年      国画会々員となる。



  現在に至る




名古屋仕立て 御仕立て代  ¥12,960− 
開き仕立て   御仕立て代  ¥17,280− 

  帯の仕立て方と その種類



  帯の仕立て方と その種類

 トップページ着物GALLERY国画会会員GALLERY = 
お買い上げありがとうございました
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます