創業九十余年                      着物と帯の専門店
東京都中央区京橋2−8−2 1階
TEL / FAX  03−3563−3310
午前11:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休



 
江戸小紋 廣瀬雄一作
「 丸菊 」
  
■ きものGALLERY
■ 国画会会員
■ 至極の1点もの京友禅
■ 逸品 絵羽
■ 附 下
■ 小 紋
■ 江 戸 小 紋
■ 紬
■ 袋 帯
■ 九寸名古屋帯
■ 八寸名古屋帯
■ 羽織・コート
■ 長襦袢
■ 帯締めと帯揚げ
■ 夏物 きもの
■ 夏物 帯
■ 竺仙 ゆかた
■ 赤 札 品
■ 掲載品 一覧
■ 過去販売作品
■ お 知 ら せ
江戸小紋廣瀬雄一 「丸菊」 田村屋

江戸小紋  「 丸菊 」
染付 / 廣瀬雄一   素材絹100%  生地 / まるまん光彩780g

  本 体 価 格  ¥440,000−
  税 込 価 格  ¥475,200−  のお品 →  
¥345,600− ( 税込 / お仕立て別 )  
 地色のイメージ
江戸小紋廣瀬雄一 「丸菊」 田村屋 江戸小紋廣瀬雄一 「丸菊」 田村屋 江戸小紋廣瀬雄一 「丸菊」 田村屋 江戸小紋廣瀬雄一 「丸菊」 田村屋
江戸小紋廣瀬雄一 「丸菊」 田村屋 江戸小紋廣瀬雄一 「丸菊」 田村屋 江戸小紋廣瀬雄一 「丸菊」 田村屋 江戸小紋廣瀬雄一 「丸菊」 田村屋




  
元々は江戸城内で武士が着る公式の礼装着である裃が無地であったのが、
  
  小紋柄を使用しだし、各藩が「定め小紋柄」を決め他藩への使用を禁じたのが始まりと云われています。

  武士の中で江戸小紋が浸透するに連れて、武士に憧れる裕福な町人達が真似をするように江戸小紋を衣装に施すようになります。

  次第に町人(主に豪商と言われる)は競うようにお洒落を楽しみ出し、自由な柄の江戸小紋が生まれます。

  当初は男性の略式礼装着でしたが、徐々に女性へも広まりました。



  本品は 「 丸菊 」 という柄名です。

  袷でも単衣でも使える色と柄かと存じます。

  こちらの一枚は皆様が思う江戸小紋らしい柄かと思います。

  菊の柄は祝儀・不祝儀どちらにもご着用可能ですので

  帯次第でご利用範囲広くお使い頂けます。

  染め色は青を感じる紺色、紺藍の濃い感じです。

  極といわれる細やかな型紙で、詰められた菊の間にも点々が詰めて彫られています。

  割と濃いめの色を染めておりますが、柄密度が高く、白い点が密集しておりますので

  染め上がりは薄く感じます。

  
  
  江戸小紋は万筋や鮫小紋が定番ですが、定番柄はシルクスクリーンやプリントものも多く出回っており新鮮味に欠けます。

  珍しい柄は数も出回りませんので、ロットの多いシルクスクリーンやプリントには向かない商品です。

  昔の景気の良い頃に型紙を製作・収集していた廣瀬さんならではの、

  ちょっと楽しくなる柄を心掛けて取り揃えて参りたいと思います。


  作業工程は田村屋サイト内の着物博士江戸小紋を御覧下さい。
  

  
  昔は染め付けに使用するおがくず等は材木屋さんから廃材として無料で貰ってきておりましたが、

  時代とともに現在は材料として購入する・・・などコストが嵩んでおります。

  なた生産単数が最盛期の何分の一となりつつありますが、工場の維持費は何反染めようが一緒ですので、

  1反当りの負担額が非常に掛って参ります。

  今後も事業として続けていく為、廣瀬の江戸小紋は価格改定致しました。

  何十年後にも江戸小紋が東京で染められる為に・・・ご了承くださいませ。


  


  

  
江戸小紋 袷 お仕立て上がり    ¥400,680−  ( 税込 / お仕立上り / 送料無料 )

  上記価格には
  国内和裁士一級手縫仕立て ¥30,240−
  胴裏(グンゼ絹バラ) ¥10,800−
  別染無地八掛 ¥14,040−
  合計 ¥55,080
  が含まれます。

  別染めぼかし八掛の場合には¥15,120−となり、上記価格に¥1,080−プラスとなります。
  パールトーン加工・紋入れ・ぼかし八掛・その他は別途承ります。


 掲載商品のご注文 商品下見のご依頼



  トップページ着物GALLERY小紋GALLERY> 
江戸小紋 廣瀬雄一作 「 丸菊 」
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます