創業九十余年                      着物と帯の専門店
東京都中央区京橋2−8−2 1階
TEL / FAX  03−3563−3310
午前11:00〜午後7:00  
日曜・祝祭日定休





古代越後上布 亀甲絣 着尺 
白地
◇きものGALLERY
◇国画会会員
◇逸品 絵羽
◇附 下
◇小 紋
◇江 戸 小 紋
◇紬
◇袋 帯
◇九寸名古屋帯
◇八寸名古屋帯
◇羽織・コート
◇長襦袢
◇帯締めと帯揚げ
◇夏物 きもの
◇夏物 帯
◇赤 札 品
◇掲載品 一覧
◇過去販売作品 
古代越後上布 亀甲絣 白地
古代越後上布 亀甲絣 白地   
経糸 / ラミー(麻)  緯糸 / 苧麻糸    反物巾 / 1尺4分  男女兼用  
  本 体 価 格  ¥750,000−
  税 込 価 格  ¥825,000−  のお品 → 
¥655,000− ( 税込 / お仕立別 ) 
  


  越後上布・・・塩沢地方で織られる麻の織物の総称ですが、少しランクがあります。

  経糸×緯糸の種類で分けれれますが、

  手積みの苧麻×手積みの苧麻   

  これが重要無形文化財のお品で一般的にイメージされる越後上布で縞でも百万円以上〜という反物

  手積みの苧麻×ラミー(麻糸)    

  こちらが本品で古代越後上布という名称で、緯糸や経糸の一部に手積みの苧麻糸を使用しております。

  ラミー(麻糸)×ラミー(麻糸)    

  能登上布と同じラミー糸をタテ・ヨコ共に使用した織物です。

  また織物全般で云えますが、柄による価格の差というものがあり、

  一般的には、  無地 < 縞 < 格子 < 蚊絣 < 亀甲絣 < 絵絣 

  というように糸作りや織る手間によっても上下致します。

  
  こちらの品は上記のような事を踏まえますと、糸質は中間で絣の柄は上級・・・と言えるかと存じます。

  苧麻糸を使用しているからでしょうか!?少しラミー×ラミーの反物よりザラリとした手触りです。

  またヨコ方向へ多少の糸の太い細いがあり、生地の表情として表れています。

  地色あは白地で清涼なイメージの反物です。

  どの産地でも手の込んだ絣柄はだんだんと織上がらなくなって参りました。

  熟練の職人さんの高齢化、後継者不足から細かな絣物の手織の織物は今後入手困難・・・となってくるかと思います。  

  夏のお出掛け着の一張羅として・・・如何でしょうか!?

  




 宮古上布九寸帯とのコーディネート
 

古代越後上布 亀甲絣 白地  御仕立て上がり  ¥701,200− ( 税込 / お仕立上り / 送料無料 )  

  上記価格には
  国内和裁士手縫仕立て ¥34,100−
  本麻 絽裏衿     ¥8,800−
  湯通し        ¥3,300−
  合計         ¥46,200− 
  が含まれます。

  加工・付属布などは弊店通常品と同じ国内和裁士仕立て、高級重め正絹絽裏衿を使用します。
  仕立て込みの品物によくある、加工・付属布の品質を落とす事はございません。

  パールトーン加工・紋入れ・その他は別途承ります。
  御希望により居敷当てを御付けする事も可能です。
  羽二重 別途     ¥3,300−
  紗生地 別途     ¥4,400−


 掲載商品のご注文 商品下見のご依頼


トップページ > 着物GALLERY > 夏物 着物GALLERY > 
古代越後上布 ラミー×苧麻糸  亀甲絣 白地 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます