創業九十余年                      着物と帯の専門店
東京都中央区京橋2−8−2 1階
TEL / FAX  03−3563−3310
午前11:00〜午後7:00  
日曜・祝祭日定休





能登上布 着尺 
立涌くに十字絣 濃紺地
◇きものGALLERY
◇国画会会員
◇逸品 絵羽
◇附 下
◇小 紋
◇江 戸 小 紋
◇紬
◇袋 帯
◇九寸名古屋帯
◇八寸名古屋帯
◇羽織・コート
◇長襦袢
◇帯締めと帯揚げ
◇夏物 きもの
◇夏物 帯
◇赤 札 品
◇掲載品 一覧
◇過去販売作品 
能登上布 着尺 立涌くに十字絣 濃紺地
能登上布 着尺 立涌くに十字絣 濃紺地  石川県指定重要無形文化財  
素材 / 麻100%   広巾 / 1尺1分
  本 体 価 格  ¥400,000−
  税 込 価 格  ¥440,000−  の品 → 
 ¥290,000− ( 税込 / お仕立て別 ) 
  


  上布とは通常、麻で織り上げた薄い上質な布の事をいい、越後上布・宮古上布・能登上布・近江上布などが挙げられます。

  その他、商品名や別称などを含め、数多くの○○上布が着物にはありますが、

  能登上布は麻織物の上質さ ・ 工芸的である ・ 価格・ という3点の観点において、バランスが取れていると思われます。

  越後上布、宮古上布が工芸的で素晴らしいのは周知ですが、やはり価格面から見れば、どなたにもお勧め出来るという品物ではありません。

  工芸的な面も保ちつつ、価格的にも手が届く範囲というのは、とても大切な事かと思います。

  これが大量生産品で、価格はぐっと抑えめとなりますと、着物の楽しさの中の幾つかが損なわれてしまうと思うのです。

  ある程度の希少性を持ちつつ、実用的に使い易いという難しい点を能登上布はクリアしていると言えます。

  もし夏の織物にチャレンジしてみたい方が居られましたら、この能登上布をお勧めします。

  
  本品は、濃紺地の着尺となります。

  単体では黒に見えるほど濃い地色なのですが、黒地と並べて比較しますと若干の青味を感じます。

  全体をタテに通る白の立涌くが濃紺地に涼やかな印象を与える夏の麻着尺です。


 

能登上布 立涌く十字絣 濃紺地 御仕立て上がり ¥336,200− (税込 / お仕立上り / 送料無料)

  上記価格には
  国内和裁士一級保持者 手縫仕立て ¥34,100−
  本麻 絽裏衿           ¥8,800−
  湯通し              ¥3,300−
  合計               ¥46,200− 
  が含まれます。

  

  パールトーン加工・紋入れ・その他は別途承ります。
  御希望により居敷当てを御付けする事も可能です。
  羽二重 別途           ¥3,300−
  紗生地 別途           ¥4,400−



 掲載商品のご注文 商品下見のご依頼



トップページ > 着物GALLERY > 夏物 着物GALLERY > 
能登上布 着尺 立涌くに十字絣 濃紺地
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます