手描き京友禅 紗 附下 「 茶屋辻に京刺繍」 田村屋
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX 03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休



手描き友禅 紗 附下
「 茶屋辻に京刺繍 」
■  きものGALLERY
■  国画会会員
■  逸品 絵羽
■  附 下
■  小 紋
■  江 戸 小 紋
■  紬
■  袋 帯
■  九寸名古屋帯
■  八寸名古屋帯
■  羽織・コート
■  長襦袢
■  帯締めと帯揚げ
■  夏物 きもの
■  夏物 帯
■  竺仙 ゆかた
■  赤 札 品
■  掲載品 一覧
■  過去販売作品 
手描き京友禅 紗 附け下げ 「茶屋辻」村山刺繍
  手描き京友禅 紗 附下  「 茶屋辻に京刺繍 」
本 体 価 格  ¥320,000−
税 込 価 格  
¥345,600−
手描き京友禅 紗 附け下げ 「茶屋辻」村山刺繍 手描き京友禅 紗 附け下げ 「茶屋辻」村山刺繍 手描き京友禅 紗 附け下げ 「茶屋辻」村山刺繍 手描き京友禅 紗 附け下げ 「茶屋辻」村山刺繍 手描き京友禅 紗 附け下げ 「茶屋辻」村山刺繍 手描き京友禅 紗 附け下げ 「茶屋辻」村山刺繍
 お仕立上りイメージ 左右の袖  衽+上前  刺繍のアップ  前身+左右後身  衿のイメージ 
  

  夏の美人着物です。

  美人が着る着物ではなく、どなたでも着れば夏の着物美人になれる着物です!(笑)

  
  真っ白な横段の紗生地に藍濃淡で茶屋辻文様を染め上げております。

  平絽に見えますが、生地は横段の紗で、風合いが絽よりも一層しなやかとなります。

  色糊という置くと生地が染まる糊を手描きで置いて蒸し上げますと、こちらの茶屋辻が生地に染まります。

  そこへ京都の手刺繍(京縫い)で所々を刺しております。

  こちらの刺繍、当初は金駒だったのですが私見で京都っぽくはありましたが、東京らしさを感じませんでしたので

  銀駒の留め縫いは水色と指定してみました。

  銀と水色がマッチしまして、涼しげな光をキラッキラと発してくれました。


  こちらの製作元は刺繍の職方でしたが、若い職人さんを外注ではなく、正規社員として本雇い・養成しようと試みております。

  ですが、月給を祓うには例えば月に20反の仕事が必要としますと、仕事は10反しかございません。

  外注制度というのは仕事が多ければ多く支払い、少なければ少ない支払いで済むという利点がありますが、

  これでは若手の職人さんが現在の呉服環境の中では育ちません。

  考えた結果として、染と刺繍を若手職人さんに覚えて貰う。

  そうする事により、月10反の仕事でも作業量は2倍で、月給が払えるという訳です。

  京都の職人さん達は、染匠システムでひとつの工程を様々な先から請け負ってきましたが、

  このような自社内で有る程度の工程をすませるというシステムが今後は主流となるやもしれませn。



  元々刺繍の職方ですので、駒縫いも拘っており、

  松の刺繍は一回で縫わず、三部構成に分けて駒糸にカーブの負担がかからないよう縫い上げている

  すごく手の込んだ仕上げとなっております。

  
  付け下げですが、フォーマルというよりは単彩仕上げですし、銀駒効果もありまして

  夏のよそいきワンピースくらいの感覚でお楽しみ頂けるかと存じます。




 
夏袋帯との組み合わせ 

  絽 附下 御仕立て上がり ¥383,400−  ( 税込 ・ 御仕立て込 ・ 送料無料 )

  上記価格には
  国内和裁士手縫仕立て ¥34,560−
  正絹 絽裏衿 ¥3,240− 
  合計  ¥37,800−
  が含まれます。

  パールトーン加工・紋入れ・その他は別途承ります。
  御希望により居敷当てを御付けする事も可能です。
  羽二重 別途 ¥3,240−
  紗生地 別途 ¥4,320−

夏袋帯とのコーディネート 
 
トップページ > 着物GALLERY > 夏物 着物GALLERY > 手描き京友禅 紗 附け下げ  「 茶屋辻に京刺繍 」
掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
   
株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます