創作手織 夏織物着尺 「 涼 」
■  きものGALLERY
■  国画会会員
■  逸品 絵羽
■  附 下
■  小 紋
■  江 戸 小 紋
■  紬
■  袋 帯
■  九寸名古屋帯
■  八寸名古屋帯
■  羽織・コート
■  長襦袢
■  帯締めと帯揚げ
■  夏物 きもの
■  夏物 帯
■  竺仙 ゆかた
■  赤 札 品
■  掲載品 一覧
■  過去販売作品 

  創作手織 夏織物 着尺 「 涼 」  絹100%  経糸・緯糸ともに壁糸を使用   

本 体 価 格  ¥150,000−
税 込 価 格  
¥162,000−
  

  大島紬の機屋のご子息が、減産一方の大島紬の織子さんへ何か新しい仕事を・・・・
  との発想から、染色〜機織を大島紬の産地にて独自の展開をみせる隼人紬工房の作品です。
  
  こちらの製作者は沖縄にも遠縁者がおり、琉球染織にも詳しいのですが、

  琉球壁上布の発展系としましてこちらの夏織物を創作してみました。

  夏琉球かすり・壁上布は経(タテ)糸を駒糸で緯(ヨコ)糸を壁糸で織っていますが、

  オリジナルのこちらの「 涼 」と名付けられた夏織物は経(タテ)糸緯(ヨコ)糸ともに壁糸を使用して製作されています。

  シボの強い壁糸をタテ・ヨコに使用する事により、纏わりつかないシャリシャリとした風合いとなっています。

  狙いは麻の着物のように張りがあり、絹の着物のようにシワになりづらい生地風合いを目指して・・・との事。

  昨年もお取り扱いしまして、好評を頂いております。

  今回のバージョンは縞織となっております。

  水色と白地が交互のような・・・全体的には極々薄色のグレーに見えますが、

  色合いは殆ど感じない・・・柄もそんなには目立たない・・・という無の境地のような一枚です。

  帯合わせは万能と言えますので、お気に入りの夏帯と合わせてご着用ください。

  地色の印象は例えるなら昔のハッカ飴の色。。。そんなイメージです。


 
 絽染め帯のとコーディネート 紗すくい帯とのコーディネート 
トップページ > 着物GALLERY > 夏物 着物GALLERY > 創作手織 夏織物 「 涼 」 
掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
  
  株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます  
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX 03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休