創業九十余年                      着物と帯の専門店
東京都中央区京橋2−8−2 1階
TEL / FAX  03−3563−3310
午前11:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休
 


藍型染め 九寸名古屋帯
■ きものGALLERY
■ 国画会会員
■ 逸品 絵羽
■ 附 下
■ 小 紋
■ 江 戸 小 紋
■ 紬
■ 袋 帯
■ 九寸名古屋帯
■ 八寸名古屋帯
■ 羽織・コート
■ 長襦袢
■ 帯締めと帯揚げ
■ 夏物 きもの
■ 夏物 帯
■ 竺仙 ゆかた
■ 赤 札 品
■ 掲載品 一覧
■ 過去販売作品 
藍型染 九寸名古屋帯     「 サマルカンドの万華鏡 」
福王寺琉華 作  六通柄   夏物
  特別展示 価格  ¥108,000− ( 税込 / お仕立て別 )



  個人染色作家さんの作品です。

  ご自宅にて、図案考案〜型彫〜色決め〜糊置き〜顔料にて染付〜糊落とし〜柄を糊伏せ〜地染(この作品の地は無色)

  を一人で行っております。

  問屋さんなどの既存の呉服業界の流通には流れない、本当の意味での個人作家さんと云えます。

  通常は個展での販売のみですが、御縁があり弊店にてお取り扱いさせて頂く運びとなりました。

  助手やお弟子さんはおりませんので、作品は本当の1点もの・・・全てが福王寺氏の手創りによる品々になります。

  福王寺氏は東京の千代田区にお住まいですが、琉球紅型に惚れて、技術を学び、

  色や柄などは琉球紅型に深く影響を受けているそうです。

  色決めの段階では、余った布に出来上がった型紙で1型半ほど糊を置き、配色を決めるそうで、

  これは!と思う配色までには2枚、3枚とサンプルを製作して、本番となります。

  本場の紅型でも、反物を張り一枚の生地に何人もの方が並んで色挿ししていますが、

  福王寺さんのお品物は全て一人作業で行ていますので、筆を持ちすぎて指が変形してしまう程・・・。

  
  本品は藍棒という藍を固めた染料にて染めております。

  生地は夏紬のような帯地を使用しています。

  余り透け感はありませんので、単衣時期〜盛夏までご使用出来ます。

  柄は六通ですので、手先は無地となり、垂れ先は無地と柄あり、

  どちらでもお仕立て可能となっております。

 


  

  
  

  
  〜 福王寺 琉華 プロフィール 〜

  1992年 紅型染色家 桧山典子氏に師事
  2000年 古琉球紅型作家 田中琉北氏に師事
  2001年 武蔵野美術短期大学 テキスタイル科修了
  2007年 銀座・清月堂ギャラリーにて四人展
  2007年 サンフランシスコ友好手工芸展 出品
  2008年 パリ・ベルタンポワレにて四人展
  2009年 ウィーン・パルフィー宮殿
         ネオジャパニズム第3回ウィーン展覧会にて オーストリア芸術協会クリスタル賞 受賞
  2009年 第64回 新匠工芸会 入選
  2010年 山脇ギャラリーにて 個展
        第65回 新匠工芸会 入選
  2011年 第66回 新匠工芸会 入選

         〜 現在も東京・千代田区の自宅にて創作活動中〜



  
名古屋仕立て御仕立て代 ¥12,960−  ¥120,960− ( 税込 / 御仕立て込み / 送料無料 )
開き仕立て御仕立て代  ¥17,280−  ¥125,280− ( 税込 / 御仕立て込み / 送料無料 )

  帯の仕立て方と その種類


 掲載商品のご注文 商品下見のご依頼



   トップページ > 着物GALLERY > 夏帯GALLERY > 
福王寺琉華作 藍型夏九寸名古屋帯「 サマルカンドの万華鏡 」
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます