西陣織 夏 袋帯 
「 錦宝端華紋 」
■  きものGALLERY
■  国画会会員
■  逸品 絵羽
■  附 下
■  小 紋
■  江 戸 小 紋
■  紬
■  袋 帯
■  九寸名古屋帯
■  八寸名古屋帯
■  羽織・コート
■  長襦袢
■  帯締めと帯揚げ
■  夏物 きもの
■  夏物 帯
■  竺仙 ゆかた
■  赤 札 品
■  掲載品 一覧
■  過去販売作品 
西陣織 夏袋帯 高級フォーマル
  西陣織 夏 袋帯   絽織  「 錦宝端華紋 」
本 体 価 格  ¥500,000−
税 込 価 格  
¥540,000−  の品→
 44%OFF ¥300,000−  (税込・お仕立て別)
西陣織 夏袋帯 高級フォーマル 西陣織 夏袋帯 高級フォーマル 西陣織 夏袋帯 高級フォーマル 西陣織 夏袋帯 高級フォーマル 西陣織 夏袋帯 高級フォーマル
 お太鼓イメージ 全体イメージ  織のアップ  柄のアップ  帯前イメージ 
  

  西陣でも高級な夏物を織っている機屋さんは限られております。

  その中でフォーマル路線となりますと、こことあとは数軒・・・といった感じになって参りました。

  目に優しい当りの柔らかな白い帯地は、パリッとか、しなしな、ではなくトロっとした風合いです。

  重さがあるのに柔らかいといった感じでしょうか・・・。

  白地に金銀の柄色に見えますが、良く目を凝らしますと、

  黄金色に薄い金、白金、そこに銀、地色より白い白、クリーム色と多色の柄糸を使用しております。

  勿論、織も重厚なのですが、この色糸使いが柄に奥行きを持たせているかと思います。

  
  相当に重厚な夏のフォーマル帯ですが、

  色合いがまとまっておりますので、華美ということはございません。

  あくまでシンプルで上品な装いが出来るかと存じます。

  フォーマルのお呼ばれで、良いお支度をして参列するという事は、相手にそれだけ敬意を払うという事かと思います。

  結婚式で花嫁さんの白無垢に被らない装いをするのも心遣いですが、

  良いお支度をして参列させていただくというのも、ひとつの心遣いかと存じます。

  

  三河綿芯(極薄)入り 御仕立て代¥12,960−
  御仕立て上り価格 ¥312,960−  ( 税込 ・ お仕立上り ・ 送料無料 ) 

トップページ > 着物GALLERY > 夏物 帯GALLERY > 西陣織 夏 袋帯 「 錦宝端華紋 」
掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
   株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX 03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休