創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX 03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休



八重山上布 九寸名古屋帯
■  きものGALLERY
■  国画会会員
■  逸品 絵羽
■  附 下
■  小 紋
■  江 戸 小 紋
■  紬
■  袋 帯
■  九寸名古屋帯
■  八寸名古屋帯
■  羽織・コート
■  長襦袢
■  帯締めと帯揚げ
■  夏物 きもの
■  夏物 帯
■  竺仙 ゆかた
■  赤 札 品
■  掲載品 一覧
■  過去販売作品 
  八重山上布 九寸名古屋帯  伝統的工芸品 経糸:苧麻糸 緯糸:苧麻糸(手積み)  染料:藍  柄の配置:お太鼓と帯前
本 体 価 格  ¥250,000−
税 込 価 格  
¥270,000−  のお品 →
 20%OFF ¥216,000− ( 税込 ・ お仕立て別 )
 お太鼓イメージ 全体イメージ  反物イメージ  織のアップ  生地のアップ  帯前イメージ 
  

  ひと目惚れした八重山上布の九寸名古屋帯です。

  井桁みたいな柄が多いのですが、こんな丸柄見た事ありません。

  織の丸柄は糸の括り、織上げる時のズレなど非常に神経を使う柄で、

  私も作家さんに別注した事がありますが、正直な話、敬遠される織と言えます。

  八重山にもこのような創作的な方が居られる・・・すごく嬉しいです。

  伝統的産地の方々には、伝統ある技術は守りつつ、色や柄は現代に通じる物創りを期待致します。 

  伝統、伝統、と色や柄も昔の焼き直しでは、やはり廃れていってしまうと思うのです。   (勝手な事ばかり申してすみません)

  ベースの経糸は白と白藍の細縞で、その細縞が地色となります。

  そこへ柄部分の緯糸を濃藍を入れて横段としておいて、丸い形に括った糸を通すと

  横段の中に○が浮かび上がってくる・・・という技法を使用しております。

  地色がべた無地ではなく、極細の縞が地色の役目をしておりますので、

  色が一定でなく、かすれて見えるのも特徴的です。

  白地でもなく、藍地でもない中間的な色合いは、合せる着物の地色を選ばずにマッチしてくれそうです。

  

  
 
 八重山上布 九寸名古屋帯 お仕立上り 名古屋仕立て ¥12,960−  ¥228,960− ( 税込 ・ お仕立て上り ・  送料無料 )
  
八重山上布 九寸名古屋帯 お仕立上り 開き仕立て   ¥17,280−  ¥233,280− ( 税込 ・ お仕立て上り ・  送料無料 )
  帯の仕立て方と その種類

トップページ > 着物GALLERY > 夏物 帯GALLERY > 八重山上布 九寸名古屋帯
掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
 株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます