西陣織 絽すくい 九寸名古屋帯
「 李朝草花段文 」
■  きものGALLERY
■  国画会会員
■  逸品 絵羽
■  附 下
■  小 紋
■  江 戸 小 紋
■  紬
■  袋 帯
■  九寸名古屋帯
■  八寸名古屋帯
■  羽織・コート
■  長襦袢
■  帯締めと帯揚げ
■  夏物 きもの
■  夏物 帯
■  竺仙 ゆかた
■  赤 札 品
■  掲載品 一覧
■  過去販売作品 
三風魯 夏すくい九寸名古屋帯 「李朝草花段文」
  西陣織 絽すくい 九寸名古屋帯 「 李朝草花段文 」   日本製
本 体 価 格  ¥230,000−
税 込 価 格  
¥248,400− 
三風魯 夏すくい九寸名古屋帯 「李朝草花段文」 三風魯 夏すくい九寸名古屋帯 「李朝草花段文」 三風魯 夏すくい九寸名古屋帯 「李朝草花段文」 三風魯 夏すくい九寸名古屋帯 「李朝草花段文」 三風魯 夏すくい九寸名古屋帯 「李朝草花段文」
 お太鼓イメージ 反物イメージ  全体イメージ  織のアップ  帯前イメージ 
  

  李朝の白磁の様なスッキリとしたシンプルな佇まいの夏のすくい織の九寸名古屋帯です。

  金銀使いの帯となりますが、どこか洒落っぽくもあります。

  それは、織のベースである地の部分になるのでは?と思います。

  写真 : 織のアップでお解りいただけますでしょうか。

  通常=======と真横に一直線となっている帯地の部分ですが、

  流水の様に
ξξξξξうねうねと糸を遊ばせて織上げています。

  この帯地のぼかし織によって帯全体に表情が出て、味わい深い帯となっております。

  手機ならではの織組織で、見た目に非常に儚さを演出しています。

  柄の部分の金銀も太い箔から細い糸まで使い分けて、全体をのっぺりとした印象にならないよう強弱を付けた

  ぼかし織で仕上げています。

  色は帯地の白を入れても3色。

  柄もシンプルな草花ですが、それを見ごたえある帯とする為に随所に施工を凝らした帯と言えます。



  西陣織 夏 九寸名古屋帯 お仕立上り 名古屋仕立て ¥12,960−   ¥261,360− ( 税込 ・ お仕立て上り ・ 送料無料 )
  西陣織 夏 九寸名古屋帯 お仕立上り 開き仕立て   ¥17,280−   ¥265,680− ( 税込 ・ お仕立て上り ・ 送料無料 )

  帯の仕立て方と その種類

トップページ > 着物GALLERY > 夏物 帯GALLERY > 西陣織 絽すくい 九寸名古屋帯 「 李朝草花段文 」
掲載商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちらから
 
  株式会社田村屋/(c)KIMONO TAMURAYA※許可なく複製・転載を禁じます  
創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX 03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休