創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX 03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休
 

葛  布

〈静岡県)

■  きものGALLERY
■  国画会会員
■  逸品 絵羽
■  附 下
■  小 紋
■  
■  袋 帯
■  九寸名古屋帯
■  八寸名古屋帯
■  羽織・コート
■  長襦袢
■  帯締めと帯揚げ
■  夏物 きもの
■  夏物 帯
■  竺仙 ゆかた
■  赤 札 品
■  掲載品 一覧
 

 
  葛は山野に自生する荳科植物で秋の七草の1つに数えられて昔は随分なじみの深かったですが、現在は忘れらている向きが多いようです。

  この葛は蔓草で、この蔓から採った繊維を緯糸に、綿糸を経糸にして織ったものが葛布です。

  「これもこのところ習いと門毎に葛てふ布を掛川の里」と藤原為相が詠んだのは室町時代のことです。
 
  水干、葛袴という言葉がある様に、袴や蹴鞠の奴跨(さしきぬ)に用いられ、徳川時代には小紋染の裃地(かみしも)、

  馬乗袴地、合羽地等に盛んに用いられ、東海道往来の殷賑により、宿場掛川の繁栄とともに、葛布は益々栄えた様に思われます。

  その当時の見本帳が残っておりますが、無地色23種、型染物46種、縞織物100種余りで実に美しい立派なものです。

  これから見ましても当時の掛川の葛布は正に特産に値するもので、織物の産地としてもあらゆる技術を持っていたことが解ります。
 
  現在は、この伝統を生かした葛布の壁紙はよく知られており、この他にも小物類、のれん、座布団地、帯地などが生産されています。





トップページ > 着物博士 > 葛布
 

 
 株式会社田村屋/(c) KIMONO TAMURAYA ※許可なく複製・転載を禁じます