創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX 03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休
  みんさー 織
  (沖縄県)
■  きものGALLERY
■  国画会会員
■  逸品 絵羽
■  附 下
■  小 紋
■  
■  袋 帯
■  九寸名古屋帯
■  八寸名古屋帯
■  羽織・コート
■  長襦袢
■  帯締めと帯揚げ
■  夏物 きもの
■  夏物 帯
■  竺仙 ゆかた
■  赤 札 品
■  掲載品 一覧
 


  
  みんさー織の由来は約300年前、沖縄八重山の石垣島のすぐ南にある竹富島で「みんさーふ」といって
 
  木綿糸を藍で染めて織った紺絣の角帯があり、当時は「通い婚」時代で、婚約成立の印として女性から男性に贈られたものです。
 
  この細帯の絣の柄に5つの柄と4つの柄が交互に配されていますが、これは「いつ<5つ>の世<4つ>までも末永く結ばれる」
 
  という縁起の心が込められたもので、帯の両端のムカデの足に似た模様は“足繁くおいで下さい”との意であるといわれます。
 
  その後、織り方に色々な工夫が加えられ、福木や、とかち、紅花などの草木染めで南国的な明るい色彩を取り入れたものが現在のみんさー織です。





トップページ > 着物博士 > みんさー織
 

 
 
 株式会社田村屋/(c) KIMONO TAMURAYA ※許可なく複製・転載を禁じます