創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX 03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休
   

刺しこぎん

( 青森県 )

■  きものGALLERY
■  国画会会員
■  逸品 絵羽
■  附 下
■  小 紋
■  紬
■  袋 帯
■  九寸名古屋帯
■  八寸名古屋帯
■  羽織・コート
■  長襦袢
■  帯締めと帯揚げ
■  夏物 きもの
■  夏物 帯
■  竺仙 ゆかた
■  赤 札 品
■  掲載品 一覧
 
 
 

 
 刺しこぎんは青森県弘前市付近を中心に、中、南、北の各津軽郡の農村で古くから行なわれた土地独特の風習に習った民芸品で、

 その優れた刺繍技術は世界的にも認められています。
 
 半年を雪に埋もれて暮らす津軽の主婦や娘達は、耐久力と防寒のため野良着の胸と肩の部分を麻地に木綿糸をもって、

 精巧な幾何学模様を刺しつづけました。
 
 それは質実ではありますが、不思議にも独特の風趣とパターンの華やかさを表しており、しかも生地を万遍なく補強するので強靭な労働着となりました。
 
 その刺繍技法(小衣刺織り糸をすくって出来た模様)を、新しい材料により今日の用に生かそうとして成ったのが、

 津軽こぎんといわれるいわゆる小物類ですが羽織、帯地、ハンドバッグなどがあります。


 
   
トップページ > 着物博士 > 刺しこぎん



 
 株式会社田村屋/(c) KIMONO TAMURAYA ※許可なく複製・転載を禁じます