創業九十余年 着物と帯の専門店
東京都足立区千住柳町41−13
TEL / FAX 03−3881−2039
午前10:00〜午後7:00  日曜・祝祭日定休
  首里織 
(沖縄県)伝統的工芸品
 
■  きものGALLERY
■  国画会会員
■  逸品 絵羽
■  附 下
■  小 紋
■  
■  袋 帯
■  九寸名古屋帯
■  八寸名古屋帯
■  羽織・コート
■  長襦袢
■  帯締めと帯揚げ
■  夏物 きもの
■  夏物 帯
■  竺仙 ゆかた
■  赤 札 品
■  掲載品 一覧

概要

 
 14〜15世紀(約500年前)の琉球王国は、東南アジア・中国と盛んに交易を行い、

 その交流により織の技術を学び、数百年と積み重ねられ人々の努力によって沖縄の気候風土に育まれた

 多種多様な琉球織物の個性を生み出しました。
 
 沖縄は「工芸の宝庫」といわれておりますが、特に織物はそれぞれ特徴のあるものが、県下各地で織り継がれています。

 その中でも、琉球王府の城下町として栄えた首里では、王府の貴族・士族用に色・柄共に究極まで追求された格調高く、

 悠々として麗美な織物が織り継がれ現在に至っています。
 
 紋織りから絣に至るまで多彩に織られるのが首里織の特徴ですが、その中でも特に花倉織や道屯織は王家・貴族専用

 とされ首里でしか織られませんでした。
 
 原材料は、絹糸を中心に木綿糸、麻糸、芭蕉糸の素材を用い、染料は琉球藍、福木、テカチ、シブキ、グ-ル等の植物染料

 及び化学染料を用いています。
 
 「首里織」という名称は首里に伝わる種々の紋織や、絣織物を総称する名称として、昭和58年の通産省伝統産業法指定申請の際に命名されました。



首里織の種類

首里花倉織

 
 沖縄の織物のうち最も格式高い織物で、王家の妃、王女が着た夏衣。
 花織と絽織、紗織を市松又は、菱形模様に織る。


 

首里花織


 経浮花織、緯浮花織、両面浮花織、手花織の4種類の紋織を花織と呼ぶ。
 士族以上の着衣として用いられた。

 

首里道屯織


 平織地の中に部分的に糸の密度を濃くして織られるもので両面使用出切る。
 男物官衣として使用されていた。


首里絣


 「巾小結」(ハバグヮーユイ)と呼ばれる首里独特の「手結」(テユイ)の技法で、
 絣の原型ともいわれている。
 ○手縞
(ティシマ) 経緯縞の中に絣の入った織り方。
 ○綾の中
(アヤヌナーカー) 経縞の中に絣柄を配列したもの。
 ○諸取切
(ムルドゥッチリ) 首里絣の代表的なもの(経絣と緯絣の配列)
                経糸にマシン(絣の中心)を起点としてつくる沖縄独特の手法

              

花織手巾


 手巾
(ティサージ)とは、絣、縞、手花、花織の全技法を取り入れ細かい図柄で織る。
 昔は旅のお守りとして用いた。領巾
(ヒレ)と同意と解釈される。

煮綛芭蕉布(ニーガシー)


 芭蕉布を経、緯糸共に撚りをかけて、綛にし、灰水で精練した糸のことを煮綛という。
 煮綛を色絣に織り上げた煮綛芭蕉布は王朝時代、上流家庭用として用いられていた。


首里みんさー


 変化平織の一種で、経糸を引き揃えて太く織る畆織と両面浮花織を組み合わせた織物。
 「ミン」は中国語で「綿」を意味し、「サー」は「狭い」のことで、

 「綿狭帯」という小巾物の帯だと解釈されている。

 

この他、絹、コマ糸、麻糸等で織られる夏衣として首里上布。
戦前は、上流家庭の夏衣として織られ、現在では幻の織物とされる桐板
(トゥンハン)等があります。

那覇伝統織物事業協同組合 しおり参照

トップページ > 着物博士 > 首里織
 

 
 
 株式会社田村屋/(c) KIMONO TAMURAYA ※許可なく複製・転載を禁じます